2014/7/15 | 投稿者: ghost

こちらに示したライヘンバッハ=イム=カンデルタールでの撮り鉄写真の背景に、シャレーが散在する緩やかな丘が写っているのだが、これを九十九折の道を通って乗り越えていくと、キエンタールという小さな谷間の村に至る。


大きな地図で見る
<ハイキングマップ:キエンタール>

カンデルシュテークとは異なり、南方向の山脈は厚すぎてレチュベルク=トンネルのような抜け穴を穿つことは叶わない。まさにドン詰まりの村なのだが、それでも人は住んでいるし、ちゃんと観光開発までされているから、スイスの人々は逞しい。

クリックすると元のサイズで表示します
<スポート=バーネンのキエンタール駅>

チェアリフトで垂直方向500mほど、標高1,409mのラムスラウエネンまで乗せていってもらえる。そこから、南側に壁のように切り立つバッハフルー(2,000m前後の尾根がずっと南へ延びていて、いわゆる山頂的な扱いの地点はないっぽい)の北側の麓を巡り、キエンタールの村まで戻るコースを歩いてみた。

続きを読む
タグ: スイス




AutoPage最新お知らせ