2015/2/28 | 投稿者: ghost

注)本連載はグレッグ=イーガン作品のネタバレを含む恐れがあります。本稿を読んでもイーガン作品を楽しむ邪魔にはならないと思いますが、ご自身でボクと同じ(または異なる)解釈に至りたい方は読まない方がいいでしょう。

<<前回のお話

二〇二十四年、ボストンの神経外科医ジョン・ヴァインズが、完全な意識をもつ自分の<コピー>を、完成度の低い仮想現実の中で走らせた。現実時間でほとんど三時間がかりで(脈拍を急上昇させ、呼吸亢進に陥り、ストレス・ホルモンを多量に分泌しつつ)、史上初の<コピー>が発した第一声は−「これは生き埋め同然だ。気が変わった。ここから出してくれ」
(『順列都市』上巻 p.73)

かくして遂に、本連載の主題となる『順列都市』の世界に耽溺してみたい。もっとも、ここまでの「頭の準備体操」で既に溺死している人もいるかも知れないが、別にボク自身は誰に理解や共感を求めているワケでもないので、捨て置いて《発進》する。本作中の狂言回し、ポール・ダラムがそうであるように。

クリックすると元のサイズで表示します『ディアスポラ』において、人間知性の遠い末裔であるソフトウェア知性ヤチマは、二百兆の異なる物質宇宙の遍歴を経て、なおも不変な自己の《不変量》を確かめるべく数学の《真理鉱山》へと潜っていった。その含意するところの汲み取り様には読書子それぞれのリテラシによって浅深があると思うのだが、かの終幕の詩的な美しさに心打たれるという点については、ネット上のレビューを散見する限りにおいて、万人に共通するようである。

さて、これに対し前稿末で「この究極的に壮大に思われる『ディアスポラ』は、実はその極限ではない」と書いた。有り体に言えば、小説作品としての完成度では、『順列都市』は、『ディアスポラ』どころか他の凡百の小説にも遥かに劣る駄作であることを認めた上で、ボクがそれでも本作をしてイーガンSFの極限と判じる理由を、まず明らかにしたい。

一言に要約すれば「これは真に超現実(ハイパーリアル)の物語である」という言明に尽きるのであるが、読者側の理解力不足というよりは、本作執筆時点でのイーガンの筆力不足(あるいは日本語版訳者の能力限界)によってこれが必ずしも読者に理解されていないのではないか、という、極めて不躾な仮定のもと、それを私的に補ってみよう、というのが本稿の目指すところである。

不要とは思いつつ念のためにお断りしておくが、これはイーガンや訳者の山岸真を蔑んで言っているワケでは決してない。以下に述べるような思惟は、彼らがいなければボクは決して自ら思いつくはずがなかったのであるから、比べるまでもないが、知力で言えば彼らがボクなどよりも圧倒的上位であることは百も承知なのである。が、後々述べることになろうかと思うが、ボクは、少なくともイーガンは、自身の作品を起点として、様々な言説が生まれ続けていくことこそを期待して本作を書いたのだ、と信じているので、それに従うまでのことなのである。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ