2015/2/21 | 投稿者: ghost

注)本連載はグレッグ=イーガン作品のネタバレを含む恐れがあります。本稿を読んでもイーガン作品を楽しむ邪魔にはならないと思いますが、ご自身でボクと同じ(または異なる)解釈に至りたい方は読まない方がいいでしょう。

<<前回のお話

ほとんどの場合、もっとも信頼できる予測手段は、変異した種子それ自体がおこなうであろうあらゆる計算をおこなってみることであり……それはじっさいに種子を育てて精神を作りだすのと同じことで、予測でもなんでもない。
(『ディアスポラ』 p.16)

クリックすると元のサイズで表示します主人公が、総計二百六十七兆九千四十一億七千六百三十八万三千五十四の宇宙を旅する、お釈迦様もビックリな超々壮大SF『ディアスポラ』なのであるが、個人的には、その壮大さはもちろんとして、最も感銘を受けたのは、開巻16ページ目にしてさも当たり前のようにサラリと書き捨てられている、本稿冒頭に示した引用だったりする。

ボクの観測範囲の偏りもあるのかも知れないが、どうにも上引用を含む“孤児発生”と題された本書第一部の1は、読書子の中で頓に評判が悪いようである。事実、出版側もそれを気にしていたようで、日本語文庫版の解説にも大森望氏が、とりわけ第1章の出だしは難物で、二、三ページ読んだだけで音を上げる読者がいてもむりはない、と、ここだけ引用するととても(一般に娯楽の部類と解される)SF小説の解説とは思えないようなことを、やはりサラリと書き捨てている。

が、強いて逆張りがしたいワケではないのだが、私見では、この超弩級に気宇壮大な“法螺話”の中にあって、引用部を含むこの章ほど、イーガンが自身の誠実さを必死に訴えている箇所もないのであって、ボクなどは初見の際、この一文に感極まって落涙することしばし……というのはいささか大袈裟ではあるのだが、とにかく、言われてみればまったくその通りなのに、言われるまで想像すらしなかった真理を突きつけられたような気分に陥って、以降は取り憑かれたかの如く本書を読み進めたのである。

では、ここで言う“イーガンの誠実さ”とは何か、と言うと、本書執筆時点(原書1997年)でも既にまったく目新しくもなかった“ソフトウェア化された知性”について、当たり前にそういうものがあるのだ、とせずに、それが一体全体どういったもので、どうような動作原理に基づいており、実際どのような挙動を示し、同時にどのような制約下にあるかを、すべての物語に先んじてネタばらししていること、である。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ