2015/4/17 | 投稿者: ghost

件の草稿の続きである。


<ホケキョーつながり?>

*     *     *

<<前回のお話

日蓮信仰と大乗非仏説の不整合に、どう対処すべきでしょうか?

単純化すれば、取り得る方策は3つあります。第一には、大乗非仏説と皆さんの信仰を整合させる新しい何かを見つけることです。第二には、大乗非仏説に対して反論することです、勝算はあまりないとは思いますが。第三には、この問題から目を背けて無視し、自分自身が、少なくともこの問題を理解している人に対して不誠実であることを認めることです。

もちろん私は、第一の選択を皆さんにお勧めしたいので、こうしてお話ししているわけです。ひょっとすると、皆さんの中には、私の申し上げていることにある程度は納得しつつも「そんなことが自分に出来るわけがない」「誰か偉い人がやってくれるのを待とう」とお考えの方がおられるかも知れません。断言しますが、その考えは間違っています。

紀元2世紀頃、法華経の原型となる文書を作った人たちの名前はわかっていません。もちろんこれは、遠い昔だからわからない、ということもありますが、逆に言えば、皆さんが信仰の対象としている法華経自身が、そもそも無名の人々によって生み出された、ということでもあります。

皆さんは日蓮信仰者を自認しているのですから、日蓮同様に法華経の行者であろうとしている、ということです。そして、その法華経を作り上げた人々は、釈迦以来受け継がれてきた言説では満足できなかったがゆえに、自ら法華経を作り上げたのですから、その系譜に連なる皆さんは、その志を継いで、現代の法華経を自ら作り出していくべきなんです。日蓮が、鎌倉時代の制約の中にありながら、彼独自の新しい意味を法華経に付け加えたように、です。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ