2016/1/24 | 投稿者: ghost

<<前回のお話

そのとき、世尊は深く真実の理を思念し、正しい智慧をもって、かの深い瞑想から立ち上がられた。立ち上がられて長老の舎利弗にお告げになった。

法華経第二章“巧妙な方便”は、以上の書き出しに始まる。

連載第1話で取り上げた第十章、第2話となる第二十五章では、釈迦……繰り返すが、法華経教団を代弁するキャラクタであって、歴史上の釈迦その人ではない……の直接の対話相手は空想上の“菩薩”だった。対して、本章から次章にかけて釈迦の相方を務めるのは、歴史上の釈迦の弟子の一人で、智慧第一、すなわち、その中にあっても智慧が最も優れていた、とされる舎利弗(しゃりほつ)である。

このように言うと、他章に比較して、第二〜三章には史実性があるのではないか、と誤解されるかも知れないが、そういうことではない。たしかに舎利弗は、既に触れた『仏本行集経』を含む他仏典群にもその名の現れる、おそらく実在したとして間違いない人物ではある。が、法華経が成立した1〜2世紀頃からすれば、伝説的な釈迦の直弟子の一人であるに過ぎない。

逆に、現代の我々は、菩薩という語を超常的な神仏の一種と考えてしまいがちであるが、法華経執筆者たちにとっては、仏となることを目指して修行している人々の中でも特に利他行に優れた人々、ひいては自分たち自身をそう呼んでいるものであって、本章に現れる舎利弗に対して、その実在性において取り立てて差異が意識されているワケではないのだ。

一方で、法華経中に舎利弗を含む、実在したと考えられる釈迦の弟子の名が現れる場合に特有の意味合い、というものは確かにある。結論から言えば、彼らは概して、既にその語意を解説した声聞・独覚を象徴するキャラクタとして登場する。

この、仏の覚りを目指すに際して採ったアプローチの差から分類される中でも、特に声聞・独覚をまとめて二乗(にじょう)と呼ぶ。天台法華教学においては、妙法蓮華経方便品第二は、この二乗の成仏可能性を保証したものであるとして、前稿でも述べたように、法華経前半(迹門)の眼目を為す要文である、とするのであるが、確かに字面上の意味合いはまさにその通りなのであるが、法華経執筆者たちの真意を慮るとき、それとは質的に異なる本音まで想像を逞しくする必要がある。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ