2016/3/31 | 投稿者: ghost

<<目次へ戻る

普賢菩薩(ふげんぼさつ)は、現代においては既に触れた観世音菩薩ほどの認知度はないかも知れないが、我が国では厚い崇敬の対象にされてきた菩薩であり、特に、中世においては貴族階級の女性からの人気を観音様と二分した菩薩である。伝統的には、同じく法華経に登場する文殊師利菩薩(もんじゅしりぼさつ)と共に、釈迦立像を信仰する場合の脇士とされる。余談だが、文部科学省の実験検証原子炉が“ふげん”、“もんじゅ”と命名されたのは、ここに由来する。

連載第9話となる今回は、この普賢菩薩が登場する法華経第二十六章“あまねく賢明な菩薩が人に勧めて仏道を修める心を起こさせる”(妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八)を転読(うたたよみ、と読んでね)していきたい。

前話で取り上げた第二十一章を除けば、具体的なダーラニーの呪文が示されるのは本章のみであり、また、定型パターンで以ってダーラニーの提示を繰り返す同章に比して、本章は曲がりなりも一連の物語構造を有しているので、そこから法華経におけるダーラニーの持つ意味合いを邪推してみよう、というのが今回のテーマとなる。

法華経全篇を通して見たとき、普賢菩薩は序章にすら登場せず、本章にのみその名が見える。このような扱いを受けているのは、主要キャラクタ中では普賢菩薩だけだ。全篇中における本章の位置から考えても、本章が全二十七章中の最末期に増備されたことはほぼ確実であり、ひょっとすると、序章が作られた後に本章が付け加えられたから、かも知れないが、序章に見える登場人物一覧、すなわち釈迦が霊鷲山において法華経の説法をおこなった際……もちろん、これは歴史的事実ではなく、法華経教団の創作した物語に過ぎない……に同席した人々の一覧に彼が含まれないことには、いちおう筋の通った理由がある。

彼は娑婆世界、すなわち我々が住むこの宇宙の住人、ではないからである。

どっひゃー!!

続きを読む




AutoPage最新お知らせ