2017/9/29 | 投稿者: ghost

<直交>宇宙シリーズの完結編『アロウズ・オブ・タイム』(グレッグイーガン著/山岸真,中村融訳/早川書店,2017)読了。本書は2月末に出ていたのだが、読み出すとゲーム開発の手が止まるのがわかっていたので、ドラコニックスロウンが完成したときの自分へのご褒美として、買うだけ買って読まずに温存していた。まぁ、読み出したら案の定止まらなくなってアッという間に読み終わってしまったのだけれども。

クリックすると元のサイズで表示します<直交>宇宙シリーズは、我々の住むこの宇宙に比してその基盤となる法則のうち、数式中のある符号が一つだけ逆転している宇宙を舞台にした物語。この世界にもニュートンやアインシュタインに相当する発見をする人物(もちろん人間ではない)が登場するが、その符号の違いから我々の宇宙とは幾分異なる出来事が導かれる。いささかご都合主義的な展開を感じる部分がないでもないが、このあたりの論理設定の徹底度は流石グレッグ=イーガンなのである。

が。

以下、あくまでも私見であるが、本書の主題は、ミもフタもない話ではあるが、この奇怪な物理学そのものではない。本書は、限りある命から限りある命への継承の物語だ。

イーガンと言えば、私家版宇宙を作ってしまう『順列都市』や百兆の異次元宇宙を渡る『ディアスポラ』など、質的にも量的にも事実上の無限に拡張された知性を扱った物語がボクなどはまず思い浮かんでしまうのだが、これらの物語とて、決して永遠の生命そのものが主題ではなく、その枠組みを通して読者を含むすべての人間・知性の可能性を描いた物語であった、とボクは理解しているのだが、思うに、イーガンは2000年代以降、その副作用の方が鼻に付き出したのではないだろうか。

有り体に言ってしまえば、永遠の生命に対する読者の共感というのは、容易に安易な現実逃避の夢想になり得るのであって、おそらくはこのあたりの問題意識が、イーガンにしてはやたらと地に足のついたヘンテコ小説『ゼンデギ』(邦訳,2015)を生む下地になったのだろう、と思っている。ゼンデギもまた、永遠の生命、それも順列都市やディアスポラのそれに比べて、いかにも現実の我々からさも手が届きそうな形で描き出しつつ、その実は限りある命から限りある命への継承を主題に据えた物語なのであり、おそらく彼をそこへ向かわせたのは彼自身が老けてきたからなのだろうが、きっとそこにちょっと照れのようなものがあって、それがかの尋常ならざる変化球を生み出したのだ、と想像することは難しくない。

結果的に彼は、同作でいささか軽率な(彼を含む白人マジョリティから見た)異文化受容をやらかしてしまい、主題がボヤけるどころか振りまくべきでない含意を振りまいてしまった、とボクなどは思っているのだが、おそらくこれに対する反省が<直交>宇宙シリーズを生み出したのだと思う。

つまりはこういうことだ。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ