2017/11/19 | 投稿者: ghost

ついさっきまで群れていたチビ助を含むスズメたちが蜘蛛の子を散らすように何処かへ行ってしまった、と思いきや、植木の風下にこの子が来ていた。

クリックすると元のサイズで表示します
<モズ(オス)>

寒いせいか、目一杯羽毛に空気を含ませて膨らんでいて可愛い。これに気分を良くして、紅葉エナガを求めて裏山に入ってみた。

クリックすると元のサイズで表示します
<ホオジロ(メス)>

この春によくホオジロの番と出会った山腹の広場でホオジロのメスと邂逅。石に腰掛けてスマートフォンをいじっていた女性に向かってトコトコ歩いていくので「何をするんだろう?」と眺めていたのだが、あと1メートル、というところで突如飛び上がって藪に飛び込んだ。どうやら女性がじっとしていたので直前までその存在に気づかなかったらしい。存外ドン臭い。妻は、この子を春の夫妻の間に生まれた雛ではないか、と言っている。

クリックすると元のサイズで表示します
<辛うじてエナガちゃん>

肝心の紅葉エナガは、混群に出会ったもののかなり高いところを通過したため苦し紛れの一葉となった。紅葉自体もあと一息といったところか。天候がよければ次の連休も狙ってみよう。




AutoPage最新お知らせ