2019/7/25 | 投稿者: ghost

今日も今日とて姫路ウィンク球場。平日の朝からこんなに観客が入ってるなんて、この国はいったいぜんたいどうなっとるんだ、プンプン!!

クリックすると元のサイズで表示します
<姫路ウィンク球場>

冗談はさておき、第一試合はいきなり波乱の展開、春のセンバツベスト4にして今夏兵庫県代表の本命市立明石商業が、エース中森くんの立ち上がりを襲った県立姫路南高校に押されたままゲームは7回表。

クリックすると元のサイズで表示します

春季大会でも大活躍だった姫路南のエース照峰くんが4回から継投して明商強力打線を抑えていたのだが、ここに至って急な乱調。連続四死球でノーアウト満塁のピンチを招いてしまう。しかも、対するバッターは明商主将にして主砲の3番サード重宮くん。

クリックすると元のサイズで表示します
<逆転のセンターオーバー>

クリックすると元のサイズで表示します
<二塁ベース上で重宮くんのガッツポーズ>

これで一気に流れがひっくり返り、エース中森くんの後を継いだ左腕杉戸くんがきっちり締めてゲームセット。

クリックすると元のサイズで表示します
<最後は三振で>

クリックすると元のサイズで表示します
<試合結果>

6回までは完全に姫路南ペースだっただけに、特に試合後に泣き崩れる照峰くんの姿が印象に残る敗戦だったのだが、昨秋以来すばらしいプレイと、加えて心躍る応援団のパフォーマンスで楽しませてくれた姫路南の健闘を讃えたい。

クリックすると元のサイズで表示します
<かくして彼らの早過ぎる夏が終わる>

続きを読む




AutoPage最新お知らせ