2020/5/29 | 投稿者: ghost

タイトル未決……いや、もう決まってるのだが、それについては追々……の新作の2面目のBGMを試作した。


今更言うまでもなく、本作の開発コンセプトはズバリ「歌うゲーム」である。まぁ、全メロディーに歌詞をつけてPCMで賄ったらいくら容量があっても足りない……こともないが、ただただ面倒臭いので、結局のところ実現できているのは合いの手程度に過ぎないのではあるが、上掲動画を聴いてもらえれば、曲の良し悪しはともかくとして、こういうBGMを無印無拡張MSXで演奏するゲームは古今東西例がない、はずなので、それなりに驚いてはもらえると思う。

ところで、これをどうやって実現しているか、について惜し気もなく書いておく。どーせ無限に暇なボクのような人間でなければ真似はできないので(ぉぃ)。

まず心臓部、つまり1ビットPCM再生を実際におこなう部分を示す。基本的には以前に示した割り込み禁止状態で一気に1ビットPC再生をおこなうサブルーチンと大差はない。異なるのは、左記ルーチンが自身の内部でPCMデータ末端までループしているのに対し、本作のそれは一定間隔で call され続けることでPCM再生をおこなうようになっている点である。

続きを読む
タグ: MSX Z80




AutoPage最新お知らせ