2020/8/20 | 投稿者: ghost

成仏つながりで久しぶりにコレで遊んでみた。


というワケで『佛陀斬』なのだが、そもそも本作は、背景に流れるやたらと手間がかかったわりには思ったほど効果的でもなかった差動スクロールの着想だけで開発を開始し、タイトルの駄洒落だけでゲームのコンセプトが決まった上に、開発数年前から積み重ねてきたディープな宗教ネタを一気に盛り込んではみたものの誰からもその点を突っ込んでもらえなかった、というダダ滑りのゲームなのであるが、そのダダ滑りのゲームにSirelionが拙作パッケージアート中でも群を抜いてお洒落なそれを提供してくれたお陰で、その存在感と実際の中身のギャップまで文字通り抜群になってしまったヒドい一本なのである。

作者自身をして、MSX実機で遊ぶためとは言え、本作を贖ってくれ、とはちょっと言い出しにくい。そう言いながら販売ページにはリンクするんだけども。まぁ、そこはMATRAの中の人への義理もあるのでお察しください。

強いてROMカートリッジ版の利点(?)を挙げるとすれば、自分でも今となってはなぜこの時期の自分がここまでこのつまらないことに拘ったのかさっぱり意味不明なのだが、本作は拙作中でも周回を重ねることによる難易度の上昇レンジが最も大きいゲームになっていて、上掲動画は4周目のプレイになるが、普通に遊べるのはギリギリこのあたりまでなのに、難易度はさらにこの倍以上続くので、理不尽なまでの難易度を征服してこそシューティング……まぁ、本作をシューティングゲームと認めるか、についてもいささか議論がありそうな気はするのだが……というある種のマゾヒスティックな嗜好をお持ちの方にとっては、サービスメニュー経由で最高難度7周目……以降も遠慮なく難易度は上がっていくのであるが……からいきなりプレイできるというのは、ROM版ならではの利点とは言えるかも知れない。いや、利点でもなんでもねーな。




AutoPage最新お知らせ