2021/2/26 | 投稿者: ghost

前稿で書いていたチーム対戦モードが実装された。作中ではこれをアブラハムの宗教の最後の聖戦になぞらえて ARMAGEDDON モードと呼んでいる。

クリックすると元のサイズで表示します
<ARMAGEDDONモードの開始時画面>

そもそもタイトルが CONCLAVE of Darklord なのだから(conclaveはカトリックの教皇選挙のこと)今更気を遣っても、な気がしないでもないが、殊更キリスト教に喧嘩を売るつもりで作っているワケではないので、最後の聖戦を争う二派は、ダーラニー派とマントラ派、ということにした。PHOTONIC BLADEの色からすれば、前者がライトサイド、後者がダークサイドに対応する、いや、これは言っちゃ駄目な方か。


<こんな感じに動作する>

ゲームは3モード構成にした。

タイトルと照応する CONCLAVE モードは総当たり戦で、最後まで生き残った一人が皇帝になってゲーム終了。ARMAGEDDON モードは、PHOTONIC BLADE の色のチームのどちらかが全滅するとゲーム終了。

FREE モードは CONCLAVE モードと基本的に同じだが、CONCLAVE モードではプレイヤー操作の枢機卿が全滅するとその時点でゲームオーバーになる(これは ARMAGEDDON モードも同様)のに対し、FREE モードはAI枢機卿のみになっても最後の一人になるまでゲームが進行する、という点が異なる。

ARMAGEDDON モードに話を戻すと、勝利/終了条件は上に書いた通りだが、CONCLAVE / FREE モードとの差異として、AI枢機卿が自分と同じ色の PHOTONIC BLADE を持った枢機卿を狙わないという違いがある。

ただし、強いて狙わないだけで、同士討ちは禁じていないし、強いて共闘しようとか仲間を助けようとはしていないので、敵枢機卿を貫いた勢いやアイテム欲しさの味方殺しが頻繁に起こるのがウリ(?)だ。プレイヤーは勝利条件を満たすために、味方枢機卿は一人でも生き残っていた方が有利、という動機付けがあるが、AIにはそれがないので遠慮なく殺しにくる。それ、チーム戦で言うか?

クリックすると元のサイズで表示します
<累計戦績表示機能もつけた>

最終的な遊び方を決めるのは銘々のプレイヤーだが、作った方としては複数人がそれぞれ自身の担当する色の枢機卿を決めた上で連続して何ゲームか繰り返す遊び方を想定している。

ゲームオーバー時およびオープニングデモ中に、ブート以降の累計戦績ベスト5を表示する機能をつけた。人間同士で遊んでいる場合は単純に上位を競えばいいし、一人で遊んでいる場合は、戦績にはAIのそれも混ぜて表示されるので、AIに対して自分がどれくらいの順位に入るか、で自身の腕前が計れる、という寸法だ。

限りなく地味だが、作っている本人的にはここしばらくの拙作とはまた異なるテイストの佳作に仕上がりつつあるなぁ、と結構機嫌よくやれている。まだいろいろと磨き上げたいところがあるので、今しばらく開発を続けるつもり。
タグ: MSX Z80




AutoPage最新お知らせ