宗教とは何か vs 神は妄想である

2010/11/30 | 投稿者: ghost

クリックすると元のサイズで表示します
<シャトー=ヌフの村はずれに佇むイエス磔刑像>

宗教とは何か(テリー=イーグルトン著/大橋洋一+小林久美子訳,2010年青土社)と、神は妄想である(リチャード=ドーキンス著/垂水雄二訳,2007年早川書房)を併読して物思いに耽る今日この頃。いろいろと益体もないことが頭に浮かんでは消えていくので、数回に分けて備忘しておくことにする。

クリックすると元のサイズで表示します順序から言えば、先に何となく前者を手にとって読み始めたところ、名指して後者を批判していて、かつ、これがなかなかに面白かったので、存在だけ知っていつつもちゃんと読んだことがなかった後者も併せて読むことにした、という流れ。

前者の本論2ページ目にして、

リチャード・ドーキンスとかクリストファー=ヒッチンス(引用註:本書でドーキンスと並んで批判される未邦訳書『神は偉大ならず』の著者)−以後、面倒なのでこのふたりを単一の記号でくくって「ディチキンス」と呼ぶことにする(p.15)

という、掴みのギャグとしか思えない下りがあるのだが、イーグルトンは律儀にも巻末までこの“単一の記号”を使い続け、“ディチキンス”をコキおろしまくる。コレ、機会があれば真似て使ってみたくなる修辞だ。まぁ、それはさておき。

クリックすると元のサイズで表示します対するドーキンス…イーグルトン側からドーキンスを論難しているのだから、この書き方は厳密には正しくないが…のスタンスは明快で、書名が雄弁に物語っている。曰く、

私は神というものを、すべての神を、これまでどこでいつ発案された、あるいはこれから発案されるどんなものであれ、超自然的なものすべてを攻撃しているのである。(p.59)

清々しいまでに明快な宗教全般に対する宣戦布告である。最も、彼が主にターゲットしているのは、当然のことながらいわゆるアブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教とそれに連なる有象無象)であり、また、それに応戦するイーグルトンも主としてはキリスト教神学をベースに論陣を張っている。


さて、宗教的な慣習に過分に縛られているにも関わらず、自覚の上では自身が宗教に関わっているという意識がほとんどない人が多数派である日本人としては、何故に彼らがこのテーマを熱く語るのか、適当な相対主義でお茶を濁しで“和を以って貴し”にできないのか、を前提として理解する必要がある。そして、その前提について言えば、実のところイーグルトンもドーキンスも問題意識は共通している。

つまり、彼ら自身のお膝元で言えば、政治や学問の領域に執拗な領域侵犯を繰り返す狂信的キリスト教原理主義の問題があり、また、彼岸の話としてはテロリズムの温床と見られることの多いイスラム原理主義の問題がある。特にドーキンスは長年にわたって前者と対決し続けて来たこともあって、キリスト教原理主義者がイギリスやアメリカを内破してしまうかも知れない、という現実に対する強い危機感を示している。

穿った見方をすれば、ドーキンスはキリスト教原理主義、イスラム原理主義を各個撃破するのは面倒だから、すべての宗教をまとめて吹き飛ばしてしまえ、といういささか過激なスタンスに立っている、と解されても止むを得まい。事実、イーグルトンが“ディチキンス”と揶揄する人間像は、単に無理矢理一纏めにされた二個人のみを指すに非ず、宗教を、やれごみだの戯言だのと攻撃することで得られる安上がりの勝利に酔いしれている(p.51)狭くは世俗知識人、広くは一般人すべてを包含している。

従って、イーグルトンは護教の論陣を張っているワケではなく(事実、書中ではキリスト教聖職者に対する批判も多い)強引に要約すれば、現実に存在する種々の問題の源泉を、安易に宗教に押し付ける風潮に苦言を呈している、といったスタンスと言ってよかろう。

さて、ボク自身は無神論者であるからドーキンスの各論には首肯する。特に、彼の専門領域であるところの進化論/遺伝子/模倣子の概念を駆使して語られるところの神概念・宗教の誕生に関する「仮説」はとても面白いし納得がいく。ただし、原理的にこれはどこまでいっても仮説の枠組みを超えるものではあり得ない、という点には注意が必要だろう。

そして、ドーキンスの各論には首肯しつつ、総論としては、イーグルトンの言うディチキンス批判は真っ当だとも思う。仮に百歩譲ってドーキンスの仮説が真実であり神が真に妄想だとしても、それを必要とする人はこれまでたくさんいたし、これからもいるだろうから、原理主義に対して牽制するのはともかく、宗教を丸ごと爆砕するというやり方は、イスラム原理主義者がアメリカが憎いからとにかく西洋圏のどこかで適当な相手にテロを起こす、というのと、その乱暴さにおいて変わらないように思う。

一方で、イーグルトンのわかったようなわからないような結論にはいささか落胆される。ディチキンスをリベラルヒューマニズム、自身の立ち位置と社会主義・キリスト教(除く原理主義者)・精神分析学をまとめて悲劇的ヒューマニズムとラベルした上で、後者が人類は自己放棄と根源的な自己変革というプロセスを経てはじめて、本来の姿をとりもどす(p.214)という点で主張が共通している、と言うのだが、それがどうした?と問わざるを得ない。

イーグルトンは、ドーキンスが道徳は必ずしも宗教のみから導出されるものではないことを主張すべく(半ば冗談で)例示する「新十戒」(p.384)をコキおろして無味乾燥なリベラルの常套的発想(p.90)と断ずる(ボクも確かにヒドいとは思う)が、それでも、ことコレに関してのみ言えば、ドーキンスの新十戒の方が、それが正しいかどうは別にして、普通の人がどうすればよいかがわかる分だけマシのような気がする。

ボクが総論においてイーグルトンに賛成するのは、彼がキリスト教信仰は、わたしの理解するかぎり、そもそもが、<至高の存在>があるという命題に賛同署名するかどうかの問題ではなくて、特定の人間によっておおやけにされる参加表明めいたものである(p.56)と述べているからだ。

ドーキンスの、神は妄想である、という主張は、たしかに科学的には正しいかも知れない。が、すべての人間が科学的思考に参与できるほどの知能を生得できたり、あるいは後天的に得られるだけの教育の機会を与えられるワケではない(このことにドーキンスは驚くほど無関心で、とは言え、彼ほどの人物がそれに気付かないはずはないから、ひょっとすると彼はそういう能力に欠ける人間は自然淘汰されて然りと考えているのではないか、とすら疑いたくなる)ので、科学ではない他の参加形態は留保されるべきだ、とボクは思う。しかし、イーグルトンの結論は、参加表明するには曖昧模糊とし過ぎていて、あるいは「ラディカルの常套的発想」過ぎて眉唾と言わざるを得ない。

と全体のラフスケッチを描いたところで今日はこれまで。ひょっとすると飽きてしまって続きを書かないかも知れないが、まだ頭の中にモヤモヤと残っているものがあるので、気分次第で後日へ続く



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ