2020/4/29 | 投稿者: ghost

これまたいつにも増してどうでもいい話なので、忙しい人は読まないように。

神戸の自宅から芦屋川へ鳥撮りにでかける際は散歩を兼ねていつも徒歩なのであるが、その途上にちょっと数寄心をくすぐられる場所をみつけた。

クリックすると元のサイズで表示します

これはその場所を芦屋市側から見たところなのだが、道が急に細くなって車両の通り抜けができなくなっている。もう一歩進むと、抜けた先は二車線道路になっていることがわかる。

クリックすると元のサイズで表示します

向かって右側は見ての通り藪なので、これを切り通して車の通行の便を図らない理由はないようにも思われるのだが、結論からいうと実はここは芦屋市と神戸市の境になっていて、二車線道路は神戸市に属している。


芦屋から神戸にかけては、北側から阪急電鉄、JR神戸線、阪神電鉄がお互いが見える距離を並走する過密地帯であることは諸兄ご存知のことと思うが、阪急電鉄よりも北側の山の手には、東西方向に貫く道路が存外少ない。

この二車線道路は昭和48年の神戸市の道路拡張事業によるもので、まさにその不便を補うべく整備されたものと思うが、以下はボクの想像であるが、芦屋市側の住民がこの道路を通り抜けて東へ向かう神戸市民を嫌って、この市境で以て延伸を阻んだもののようだ。かくして、上掲地図に見える通りこの道はここで不自然に南へ折れ曲がって阪急に突き当たり、結果抜け道としての用をなさなくなっている。おかげで散歩には快適なのではあるが。

さて。

先に道路整備が昭和48年の事業であった、と書いたが、なぜそんなことがわかるのか、というと、それを記録した碑があるからなのだが、その碑と周辺の遺物(?)が本日の本題である。

続きを読む




AutoPage最新お知らせ