2011/2/27

とりあえずコレ  佐藤豪(ソロ)

3月2日(水)
高円寺ALONE
http://k-alone.com/index.html
佐藤豪デビュー10周年記念第3弾
「ALONEワンマンライブ2011-T」
19:30〜 2000円(ドリンク別)


お茶の水のレポが気になる事だとは思いますが…
後日まとめて書きます。

コチラはお茶の水とは違い、一人です。
3部構成と告知してきましたが2部構成になりそう…

とはいえまだハッキリとした事は書けねぇっす。

もしかするとアローンでは2年くらい封印していた紙芝居も出る可能性アリ。
内容に対しての必然的なものです。

「デビュー時から昨年の遠藤ミチロウ前座までを辿った物語」と「映画と漫画」を予定しています。
派手なことはしないと思います。
どこまで深く突き刺せるか…
というトコロに重きを置きたいと思います。
0

2011/2/23

(無題)  佐藤豪(ソロ)

明後日25日のお茶の水ワンマンは珍しく混雑が予想されます!
因みに3月2日(水)高円寺アローンワンマンは全く大丈夫です。
前売り、当日がないので値段は同じですがお越しの方は事前に連絡頂けると椅子のセッティング等、準備しやすくなります。
勿論、突然の御来場も大歓迎!

コメントでもメールでもして下さい。


行き方↓

JR/千代田線・御茶ノ水駅スタート

【聖橋口(ひじりばしぐち)改札】を出ます。
改札を出て左手へちょっとUターンする感じに進むと【聖橋(ひじりばし)】があります。
その橋を直進してください。
直進し続けると【本郷通り】に突き当たります。
交差点の信号を直進し、【渡りきってすぐ】左折します。
直進すると【東京ガーデンパレス】が見えてきます。
ガーデンパレス手前に細い路地がありますので、その路地へ曲がります。
路地を直進し、【ガーデンパレス裏手】にお店があります。
目印は、【消火栓の看板】と【洋風のポールライト】です!

丸ノ内線・御茶ノ水駅スタート

【新宿・東京方面からお越しの方】
地上へ出て信号を渡って右折。
【池袋方面からお越しの方】
地上へ出て信号を前に見ていただき左折。

曲がっていただいた方向のナナメ上を見ていただくと、アーチ型の橋があります→【聖橋(ひじりばし)】
橋のたもとまで行くと階段があります。
曲がっていただいた方向のナナメ上を見ていただくと、アーチ型の橋があります→【聖橋(ひじりばし)】
橋のたもとまで行くと階段があります。
道路を正面に見て左。
【本郷通り】に突き当たります。
交差点の信号を直進し、【渡りきってすぐ】左折します。
本郷通り突き当りの交差点
直進すると【東京ガーデンパレス】が見えてきます。
ガーデンパレス手前に細い路地がありますので、その路地へ曲がります。
路地を直進し、【ガーデンパレス裏手】にお店があります。
目印は、【消火栓の看板】と【洋風のポールライト】です!
0

2011/2/22

ブチかましてやる  佐藤豪(ソロ)

2月25日(金)
お茶の水KAKADO
http://kkdo.web.fc2.com/kakado/Top.html
デビュー10周年記念第2弾「恒例の文京区ワンマンライブ」
〜協賛:東京スカイネットTV〜
http://tsn-tv.org/
18:00開場 18:30開始
大人:2000円、中学生:1000円、小学生以下:無料
+1ドリンク500円(+1500円で飲み放題)※多少のおつまみ出します
【1部】佐藤豪ソロ(ゲスト:忍者愛影)
【転換ゲスト】亀
【2部】少年変身忍者、復活ライブ
告知⇒http://www.youtube.com/watch?v=E2qXLtnEJ0g



いよいよ近付いてきました。
事の経緯は散々書いてきましたが…
数年前にバイト先の職員さんが「近場なら見たい」と言ってくれて実現したお茶の水KAKADOライブ。
次の年からはワンマン形式で貸切でやる…やらなくては難しかったんで強引にやり始める。
継続すべきか今も迷ってるけどね。
「またやるんだ」みたいに思われてるのならやりたくない。
「あぁ恒例なんだ(笑)」なんて言われるとちょっと凹むよね。
まぁ勝手に恒例にしているオレもオレだが、付き合いで行かなきゃならんと思ってたらイヤだなぁ…
でもやったらやったで楽しんでくれて…

それだけではタダの貸切ライブ。
身内のパーティーみたいになるので、打破する為に毎年毎年工夫している。
職員さんだけでは貸切代もペイできる訳ないしね。


今回の目玉は…
ネットテレビの収録。
後日「特番」として東京スカイネットTVでオンエアされると思います。
オレのステージは何処までオンエア出来るのか分からないけどねぇ…
そして、昨年に引き続き“忍者愛影”の参戦。
衝撃のノコギリとのコラボが実現した前回ライブですが、今年も踏襲しながら変化する。
1曲、彼女に歌わせます。
そして、少年変身忍者の復活。
昨年はスペシャルバンドとしての演奏に留まった。
新ベーシスト上田徹を迎えての復活第1弾。
新曲はないけどデビュー時の持ち曲にいくつか追加。
そしてカバーもやります。
ギター&コーラス「川上龍一」の特性を最大限活かした楽曲。
アニソンでダブルボーカル!
これは当日のお楽しみ。
同じ職場(部署が違うから全く会わないが)のユニット「亀」も転換ゲストとして出演。


兎に角、転がせるところまで転がすよ。

後は知るかってんだ!

目にモノ食らわせてやるからな!
0

2011/2/14

女装ナイト2  佐藤豪(ソロ)

クリックすると元のサイズで表示します

1.風になれ(中村あゆみ)
2.六本木純情派(荻野目洋子)
3.ダンシングヒーロー(荻野目洋子)
4.NIGHT OF FIRA(パラパラ豪姫バージョン)
5.通常朗読〜憧れの一本グソ
6.口パク朗読〜地獄のアングル
7.手品後朗読(オリーブの首飾り)〜ACE OF SPEADS
8.謎のアイドル
9.ミスター(KARA)
10.能登半島(石川さゆり)

これを読む人はなんで読んでるのか分からない。
来れなかったお客さんが読むのか、何をやってるのか興味本位で読むのか、オレのステージを勉強しようと読むのか…分からないがまとめて面倒見てやる。
全部隠さず書いてこう。

「30分全編ギターなし」は「朗読イベント」「左腕骨折ライブ」以来3度目。
通してやってるのは朗読シリーズのみで他は全部変えている。
やはりギターナシだと朗読は欠かせなくなってる。
偉そうに「女装の意味」など前回書いてたけど、「女装する事」が意味ならばソレで良いのではとも思った。
出演者の皆さんも前回より遥かに工夫してやっていた。
前回のオレを観たからか自分で体感した感覚なのか分からないが、少なからず影響はしていると思われる。
もう40だよオレは。後は若い子が刺激になって考えていけば良いのではないかとも思うよ。
「女装」する事で完全に「出オチ」になってる訳で、前回のダンシングヒーローはその出オチを延ばした意味合いを持つ。
起承転結で例えるならば「転起承結」になる。
今回は「出オチでそのまま突っ走ろう」という感じ。
女性カバーを荻窪時代からやってきて、そろそろ飽きたし。
ダンシングヒーローをヒントにして「転転承結」「転転承転」「結転承転」こんなイメージ。
今回は全編に渡り「声色の術」を使ってるので一切地声を出していないのも特徴。
どうしても女装して喋るとオカマ言葉しか出来ないしホンモノには敵わない。
ミッツマングローブとかあの顔で女性より女っぽい時があるが、どう引っくり返ってもアレは出せないし、女性アーティストのカバーやってきたが地声だとしっくり来ない。
ならばとこの戦術。
こんなのは初めてだったので満足させられるか不安ではあった。
入場でチョコ配ってからの「六本木純情派」前回を踏襲している。
「ダンシングヒーロー」でまたやるのかと思わせてからの「ナイトオブファイアー」はなかなか強烈だったようだ。
パラパラ自体は荻窪の「変身忍者村」でやってた。
アレは長州小力の「小力パラパラ」を参考に構成していたが、長州ムーブが多すぎるので今回はyoutubeで調べて本格派のを参考に構成した。
もう覚えるのが大変。
なんとか構成を覚えて挑んだがやはり「100回の練習より1回の本番」頭がぶっ飛んでいたので忘れたトコロもあった。
パラパラは八王子では「初」なので「あの変身忍者がここまでやるのか!?」という驚きが多かったと思うが反応がハンパではなかった。
いつものネタで大爆笑とる感じと違い「ギャー」「キャー」みたいな。風圧を感じた。
会場の人数は20人くらいだったと思うがオレのお客さんでなくとも終了後に数人から「ライブを観たことあります」と話しかけられたから知らない存在ではなかったのだろう。
そこから朗読シリーズ。
ここだけオリジナルの詩ではあるが、朗読も「口パク朗読」以外は「声色」使ったので一工夫あった。
謎のアイドルの歌を挟んで(オレも出所が分からない音源があって、恐らく「オーマイキー」の中の歌だと思われるがシュールな歌詞で面白いから紙芝居付けてやってみた)怒涛のクライマックス。
KARAは勿論「尻フリダンス」をかました。
これもyoutubeで調べて練習していたが参考になるのがなかなか難しくてね。
正面からの映像は逆になるから覚え難い。
後ろから撮影してるのを探し出して良いダンス映像を参考にした。
が、覚えたにもかかわらず殆んど忘れてたな。
本番恐るべし。
しかし「まさか!ここまで!」という反応がピークに達していたので、もうダンス自体は上手かろうが下手だろうがあまり関係ない境地に達していたと自己分析、自己弁護。
事前に考慮して「KARA新メンバーオーディション」という「設定」にしたから問題は無い。
チャンスがもう1回あるなら同じ構成でスキルをアップさせたら「学芸会」レベルを超える可能性はある。
それくらい構成は抜群だったし、そういう声も頂いた。
「能登半島」で締める。これもただでは終わらなかったけどね。
もうひと「オチ」作って終了。
ダンスの意外性だけで押した様な感じだったが「女装ナイト」自体が余興的要素のあるライブなんだからコレでいいと思う。
本当は終わった後に何か考えさせないと「佐藤豪」ではないのだが、「豪姫」って事で。
これで考えオチとか思いついたら凄い事になるなぁ〜

またあるのかオレも知らない。
なんせ荻窪で終了したもんだと思ってたから。
豪姫に関してはオレから動くことはないからまた自然発生したらやってみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/2/11

豪姫5度降臨  佐藤豪(ソロ)

2月14日(月)
八王子PAPABEAT
http://www.k3.dion.ne.jp/%7epapabeat/
19:00〜 1500円(ドリンク付)
「女装ナイト2」

5度って有り難味がないですけどね。
「2」なのに5度目の登場とは?
古くからのお客さんなら御存知だろうけどかつて荻窪に存在した異端中の異端なライブバーがあった訳。
オレの腰に巻いてるチャンピオンベルトはそこの店の企画で実際に存在した「新東京歌謡プロレス」という企画でのベルトなんだが、他にも異様な企画が沢山あった。
「シンガーソングビーナス」という女性シンガーだけ集めたライブがあって、ある日店主に言われる訳だ「女装して歌ってみろ」
そんな馬鹿げた提案を大喜利の答えのように、禅問答のように受け入れて自分なりの答えを出していくオレ。
そんな攻防が2年近くこの店で行われた訳。
そんな話はまだまだある。
無論、全員に放つわけではなくオレと店主のタイマン。
他の人間には出来ない注文をオレは受けてきた。
嫉妬や妬みも沢山受けた。

かくして女性シンガーに混じって「豪姫」は誕生した。
それ以降「ラブソングカフェ」という企画に幾度か出現して店の閉店と共に封印した。

八王子で復活するとはオレも思ってなかった。
八王子でも思いつきで提案したライブが面白かったからまたやる、そんな流れなのだろう。

しかし、この女装と言うのは強ち簡単には出来ない。
非常にメンタル面で危険を伴う。
1回目の共演の人たちは楽しげにやっていたが、己の自己満足で終わっていたように思える。
女装してオリジナルを歌う。
自分から観たら同じ光景だが観客から観たらどうなるかを考えないと絶対に行き詰るよ。
「なんで女装してるの?」「面白いから」
それでお客さんも納得するならそれでもいいかも知れないが…
観てるのが競演者やお店の人間、身内…観客不在のライブを延々やってると判断が難しくなる。
それだけでステージは成立しないと思う。
何故に女装で立つのか?
馬鹿げた事だと思うかも知れないが意味がないことには。

受けて立った以上は俺は向きあって行きたい。

オリジナルを歌うのは難しいから前回「プリン」はアレンジしたし、他はカバーばかりやった。
今回は…
ギターすら持たない



取り合えずコレを上回る事をする予定。
0

2011/2/6

幡ヶ谷  佐藤豪(ソロ)

1.マイザー(スターリン)
2.一発屋にもなれない
3.ハ・ラ・カ・ラ
4.魔太郎がこない!
5.あしたのジョー樋口
6.まんが道

クリックすると元のサイズで表示します

「マイザー」はミチロウバージョンを人前で歌う前からよくコピーしていた。
今回はテンポもキーもスターリンの方で。
タムが亡くなったので追悼の意味。
「一発屋にもなれない」は昨日曲を作ってなんとなく行けそうだったんでカマした。
どちらも初めて歌う割には及第点付けられそうな出来だったにも関わらず「魔太郎がこない!」でコケる。
歌詞ド忘れ。
まだ一度もまともに歌えた事ないのが他にも「割愛」とかありますけどね。
ハ・ラ・カ・ラから魔太郎の流れは例のオープンマイクの話を挟んだ。
なんとかハッピーズ…なんだっけトウキョウハッピーズだっけ、なんだか良く分からないんでアレなんですけど幡ヶ谷の店長さんも一員みたいよ。
でもこの話してたら店長さんが一番ウケてたね。
という事はホントにそのイチャモンつけたヤツは毎回ステージで誰彼構わずやるのかねぇ。
ステージ意識低すぎ。
名前が分からないのが悔しいですね。
ココ使って名指しで批判してやるんだけどね。
難癖付けるのは構わないがそれを自分のステージでやるという感覚がね。
ネタにするならまだしも。普通に感想みたいなの。
ダメだしとかじゃない、小学生の感想文みたいの。
なのに偉そうな態度なの、身内しかウケてないのに。
悔しかったらオレのように誰彼構わずウケてみなさいよ。
…と、そこから何故か本番前に言われた「バレンタインのMCをしてください」という事(毎度このイベントの決まりらしい。テーマをMCで言うという。それならばもっと早い段階で言ってくれたらセットリストも変えるのだけれど、セットリスト提出した後に言われて『イベントの統一感だすために』というのはちょっとね。別に即興的ステージも出来るけど、ソレはソレ、コレはコレ。コッチは進行も作りこんでるのにオレのステージの統一感なくなるじゃん。まぁ上手く挟めたつもりだが。)で話をしつつ「映画と漫画」の話をしてからの「あしたのジョー樋口」
まとめて最後は「まんが道」

非常に観客のノリが良く、手応えありました。
「映画と漫画」の話をもう少し深く斬り込んで3月のアローンワンマンで30分の題材にする予定。
「漫画の可能性」「表現の隙間」そんなトコロがテーマになるかも。
あくまで予定ですけど。

退場する時も満場の拍手を頂き、終了後も帰りのお客さんから握手を求められたり、楽しく出来ました。
ありがとうございました。

1:0:0:0
0

2011/2/6


の幡ヶ谷ライブは18:30スタートだそうです。

オレの表記が間違ってました。スイマセン。

ついでに書くとオレの出番は20:30頃みたいです。

そんな感じで間に合う方はドシドシお願いします。
0

2011/2/5

明日の見所  佐藤豪(ソロ)

2月6日(日)
幡ヶ谷幡ヶ谷36°5
http://365.seishun-p.com/main.html
『Natural Born Night vol.11』
open pm6:30 start pm7:00 1500円(オーダー別)


因縁の(?)幡ヶ谷って事で…
オープンマイクの事件は過去のブログを見ていただきたい。

たいした因縁ではないですけどね。
お店にはなんの憾みもないっす。

あの事件のお陰で随分とネタにさせて頂いた。
それだけさ。

だから、最後にまたネタにしようかと思う。

しつこいねオレも。

今回は「事実とはなんだ?」の焼き回しではなく、スピンオフ的に。

オープンマイクの話だけはさせて貰おう。
舞台となった場所だし、更に詳しく。

後半は別な話をしようと思ってます。

「映画と漫画」という感じ。

明日やった手応えで大々的に3月のアローンワンマンで「映画と漫画」を扱おうと思っている。

ではお楽しみに!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ