2015/3/29

4月スケジュール  佐藤豪(ソロ)

4月5日(日)
Artspace&Cafe MUSA
「アンデパンダン・パーティー@ムーサーVol.19」
http://cafe-musa.art.coocan.jp/

入場無料

13:00オープン、19:00クローズ

・13:30 三上昌輝
・13:55 佐藤敬吾
・14:20 Miho&Noriko 「語りと詩」
・14:45 鈴木知文
・15:10 ”変身忍者”佐藤豪
・15:35 浅井茉美
・16:00 hiro
・16:25 ぼのぼ(2/3)
・16:50 いちろう16



連絡無いので中止かと思えば単に連絡ミスでした。
随分と間近になってしまいました。

無料で、演奏時間は20分ですので、そんな感じです。



↓注目↓

4月25日(土)
高円寺Reef
http://www.kouenji-reef.com/

op 19:00/st 19:30
¥1300/¥1500(+1d¥500)

happy hour 19:00〜19:30+¥1000 3drink ticket get!!!

THEうんこ / 函館くん / SHOTGUN BRADE / "変身忍者''佐藤豪



通常ブッキングです。
お店の加藤さんが「うんこさん良いですよ」と言ってたので受けました。
うんこさん良いですよという響きだけです。

でも函館くんが対バンにいるのでね。
面白いと思います。

30分ですけど…

3月1日に手の込んだことはやってしまったので。

普通になるか、何かテーマが浮かべばそれに沿った作りになると思います。

よろしくお願いします。
2

2015/3/25

もう我慢できない  佐藤豪(ソロ)

どんどん増やしますよ!

4月5日
日が近いのに未だになんの連絡も無いんですが、20分演奏で出演オファーがあります。都内。
中止になったらスマンね。

4月25日(土)
高円寺Reef
http://www.kouenji-reef.com/

共演に「函館くん」がいますよ。

5月4日(月)
八王子パパビート
http://papabeat.web.fc2.com/index.html

パパビートの周年記念月間に出演します。
最近は出てないのにオファーありがとう!

5月17日(日)
「立川いったい音楽まつり」
審査が通れば、出ます。多分、お好み焼き「さくら」

5月31日(日)
高円寺Reef
“変身忍者”佐藤豪企画
「なくな男の四畳半」
18:00開場 18:30開演
1500円(前・当日ともに)+1ドリンク
【出演】
“変身忍者”佐藤豪
宿六兄弟(福岡)
兵頭芳和
祥人
進化論
松本大輔

6月
「忍の穴〜3〜」
開催を画策してます。
半年で4度の「企画ライブ」開催。

7月
今まで色々なバンド、ユニット、を組んできましたが、ひとつを「復活」させます。

8月
九州ツアーを画策します。

9月
「音楽人達の魂2015」の参加に伴い、大規模な北海道ツアーを画策します。



随時、お楽しみに!
2

2015/3/11

3.9八王子「びー玉」終了  佐藤豪(ソロ)

3月9日(月)
東京・八王子「びー玉」
【忍の玉〜サクラはまだか?〜】
佐藤豪、小文吾。、スナック・セシボン


1.ガスバーナー
2.中学生日記
3.劇がオバQ
4.生きてこそ死んでこそ
5.割愛
6.まんが道
7.プリン
8.覚醒
9.宿命
10.ハ・ラ・カ・ラ
11.80年1本勝負

経緯なんかは散々書いたので省きます。
企画ライブで、其々がユッタリ40分程度の持ち時間。
セシボンさんがベースの弾き語りを始めたようで、ここでやるか?って感じでベースの弾き語り。早めに終了。
小文吾。も良い感じのステージなのに「時間まだ?」とか気にして調度くらいで終了。
もう少しユッタリやってくれて構わなかったのだが。

そんで、オレ。
なんかオレだけ申し訳ないがタップリと時間を取ってやらせてもらった。
特に、内容は「今歌いたい!」という楽曲をチョイス。
そこから曲順はかなり拘った。
札幌遠征のキッカケの主催者である三橋さんのご来場をイメージして、北海道に関わるような楽曲を並べつつ、ラブソングを!とプリン。
そこからリクエストのあった「覚醒」(恐らく1度くらいしか歌った事が無い、初期の曲で構成が気に入ってない)をやって、覚醒の歌詞を復習してたら「宿命」といいうこれまた時代は違えど1度くらいしか歌ってない曲が目に留まって、これが今のオレの環境に合ってたんで歌った。
そこからは「ハラカラ」「80年」と代表曲で、締める。という流れ。
紙芝居は比較的少ない、シリアスな内容で、かなり濃かったと思う。
それでも、今日のお客さんには全く問題ないと判断しての内容だった。
ホントは初見さんも来場予定だった。
その方とか常連さんにも通じるような内容にした。つもり。
モチロン、主題である「さくら」のご主人、女将さんにも。

DVDを宣伝するの忘れた。
商売人としてはかなり間違ってはいるが、それくらい集中していた。
そこまでの間が無かった。
なのでアーティストとしては正解だったと思う。

ここ3回のライブで一区切り付いたような気がした。
正直、今の仕事してから1日のリーフ、小田原、今回。
準備が出来た様で出来てない。

心から「楽しんだか?」と言われるとそうでもない。
何処か、上の空。

「音楽は『音を楽しむ』と書いて音楽だから、音を楽しめば、お客さんも楽しめる」といううミュージシャンが居る。

オレの「楽しむ」とは違う。

オレは、お客さんに見せるには苦しむしかない。と思っている。
苦しんで苦しんで、産み出した物が、結果、楽しんでくれた。
これが、最高に、楽しい。

この3回のライブ。

苦しんだか?


仕事に追われて、苦しむまでは行ってないんじゃないか?

そういう気持ちもある。



だからこそ、ここから早く脱出したい。

そう思う。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動員:6 DVD:0
1

2015/3/8

3月7日小田原「姿麗人」終了  佐藤豪(ソロ)

3月7日(土)小田原「姿麗人」

SE:変身忍者・嵐
1.金魚のフン
2.唯一無二
3.パンク道(博士と助手のドラえもんバージョン)
4.魔太郎はこない!
5.ハ・ラ・カ・ラ
6.前略


ミュージックストリートなんかではやらない曲を選択。
厳密には雨降ったミュージックストリートの時に魔太郎と前略を用意したんだけど雨の感じから止めた。
前略をやるときは全方向に注意して入れる。
その辺りで知り合った方々も来ていたので、小田原でやってない曲で正解だったとは思います。
顔に「破壊」と書いたのは前略によって全部終わらせてしまおうという狙いだったのです。
共演者も客も全員潰すつもりで歌いました。
そんな事にはならなかったと思うけど、観ていた人の心に引っかかったのがオレだったとしたら、(特に知らない人が)正解だったと思います。

魔太郎の冒頭紙芝居でのび太が出てくるので、「博士と助手」もドラえもんとのび太のやり取りに変えました。付け足しはのび太一枚。初めてやった。
ドラえもんは出てこないけどドラえもん繋がりで、これはウケていた。

ハラカラがキョトンとしていて、別にいつもだとそのまま突っ走って終了する。
オレは笑いを狙っているわけではないので。ウケようがスベろうがそこで凹んだりはしない。
さっきと反応が全然違ったので「あれっ」と思い、アドリブを入れたくなったので「父ちゃん今日は客層が違うよ!」とか知ってる人に更にウケてもらうようにした。
スクワット前も説明口調にしたり「わざと」やって知ってる人が楽しめたらいいやと。

初の小田原ブッキング。
地元さん2名、東京から2名。
まずまずなのかまだまだなのか?
何年もやってきた割には…

ま、1度だけで評価するのは勿体無いかな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


動員:4 DVD:0
0

2015/3/5

3・7小田原決戦、予告状  佐藤豪(ソロ)

小田原城ミュージックストリート、2部門
ロードオブアリーナ2015

その他、数々の小田原イベントに登場した2014年。

ひとつの「区切り」とも言えるライブがこれです。


オレからの挑戦状です。


小田原城ミュージックストリートでしかオレを観ていない諸君よ!

それだけで“変身忍者”佐藤豪を語るなよ?

そういう事を、7日にお見せ出来ると思う。

都合が合えば、いらっしゃい。



3月7日(土)
小田原「姿麗人」
http://www.shareido.com/pc/index.html
『VIBES on LIVES vol.220』〜ハルカミライ“アストロビスタ”Release tour 2015〜
18:00開場 18:30開演
前売:1200円 当日:1500円

mee

LUCKCAME

“変身忍者”佐藤豪

ハルカミライ


3番手19:40 - 20:10を予定しております。
前売りあります。
チケット取り置きのご予約預かります。

小田原の皆様、よろしくお願いします。
0

2015/3/4

3月1日高円寺Reef終了  佐藤豪(ソロ)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

SE:道(エレファントカシマシ)
1.話が違う話
 朗読〜起〜
2.刈り込みマシーン
 朗読〜承〜
3.ゴミバコ
 朗読〜転〜
4.割愛
 朗読〜結〜
5.ステッピンストーン
6.80年1本勝負

EC:ハラカラ(紙芝居無し)


まーそのー
1日伸ばしたのはどうにも書く気になれなくて。
非日常の世界に毎日持って歩いているメットと安全帯がある時点でなんか気が滅入る。
「ここまでやっていいのかな?」
やっぱり自己嫌悪に陥るわけですよ。それなりに。
心が痛む訳ですよ(1部だけ分かるギャグ)
あんな内容、うん、誰も出来ない。真似できないと思う。
形式だけならなんてことないんだろうけど。あのテイストに歌、朗読、紙芝居…組み合わせがね。

ご存知の通り、日曜日も無かったんで、考える時間が作れなかった。
ただただ、仕事しながら、このオファーを活かすにはここでぶちまけるしかない。
そうは思っていた。
早い段階で「エレカシの道をSEとして使おう」というアイディアは浮かんでいた。そこからステージでメシ食って、タバコ吸って、安全靴履いて…現場の格好するまで時間かけて見せようと思っていた。
本番はちょっとね。オレが座ったらSEという打ち合わせしかしなかったせいもあるが、座ったら暗転くらいしてくれて、店内BGMを止めて、間を空けてSEというのが理想だった。
なんだか2番手の客が帰ったのかザワザワした感じのままオレが出て座ったらフェイドイン的に曲が入り、オレがステージでオニギリ食いだすもんだから「あれ?始まってんの?」みたいな空気が残ってしまった。
リーフには申し訳ないけど、これがアローンだったら、バッチリ決まってたんですよ。
じゃあやれよって話なんだけどね。タイミングだからね。まーそう言わずに。

あとは朗読内容。
結局は当日の朝に書いたんだけど、ズーッとアタマにあったままでしかなく、まとめようがなかったが、書き出したら止まらなくなって小一時間くらいで完成した。
書きながら「ここで曲を挟む」とかコマ割と言うか絵コンテというかそういうのもパパッと浮かんだから一気だった。
選曲も刈り込みマシーンはやるつもりだったから「なんとか新曲を1曲目に」と詞だけ思いつきで書いて、ギター鳴らして適当なメロをつけたが、出かけるまでに何回練習しても別な曲になってしまい「面倒くさいから本番で決めていこう」ということにした。
リハでも何回か練習したけど、結局違ったと思う。
「ゴミバコ」は「三角木馬〜」と迷った。
なんとなく心情的に「ゴミバコ」か?
「ゴミバコ」はかなり古くて、店に着く寸前で帰った一回目のアピアのオーディションに持って行った曲。
当時は「ココバットみたいなの作ろう」と思ってやたら難しくて今でもちゃんと弾けない。
今回はアレンジしなおしたバージョンでロック調が演歌調に変わった。
アローンで2パターンのゴミバコを最初と最後にやる構成でステージを作った事がある。
歌えるか心配で、リハで練習しても失敗したりした。

他はスンナリと閃きのまま選曲した。

体力維持の為に昼寝もしたので朗読部分の清書までは間に合わなくて、店に行ってから書いていた。
シラフさん観に小文吾。が来場してシラフ、小文吾夫妻で話していても、オレは横で原稿を書いていた。

スタートまで間に合わなくて、シラフのステージ前半観て後半からはカウンターの上にあるロフトのような楽屋で書いていた。
小さい机があって、メイク用だと思うが、そこでカリカリ書いているとシラフさんの歌がBGMになり、なんだか良い感じだった。
「是非、シラフのPV作成にはオレが原稿書くシーンを入れて欲しい」などと1人悦に入っていた。

朗読内容はいいでしょう。

ヤケクソ日記を読んでない人にも分かりやすく、尚且つ、読んでる人はもっと楽しめるように…。心がけたつもりも無かったが、果たしてそうなった。そうなったのだから、オレはやっぱり凄い。
休みもなしにここまで出来たという自信も沸いた。オレ、凄い。
是非、真似してみてほしい。

オレが真剣に読んでるのに、何故か笑いが巻き起こっていた。
「笑われている」感じではなかった、と、思う。
なにか、楽しんでいる感覚だったのなら、正解だと思う。
これが正解だったら「狙う笑い」より大変だよね。


ホント、ヤケクソ日記がもの凄い好評だったから…。
アレ、タダで読んでる物ですよ?
それをお金貰って見せる訳ですよ。そこまでしないとならんのですよ。
タダで読まれてるブログなんて適当ですよ。
ライブはお金貰ってんですよ。
そこですよ、違いは。

だから、絶賛するならこのライブくらい観て欲しかったですよ。
3倍4倍くらいになったハズです。

仕方が無い事なんでしょうけど。

今までも点と点が線になるような事をしてきたんですけど、難しいですよね。
お金だけじゃない。限定された時間を戴くので。



動員:2 DVD:2
2

2015/3/3

3月1日高円寺Reef終了  佐藤豪(ソロ)

これだけ貼っておくわ

クリックすると元のサイズで表示します

夜勤だからもう寝なきゃな。
明日、詳しく書く。
これでライブ当日何が起きたのか想像しておくように。
特に労働日記を絶賛した人なんかは。

ほいほい書くの勿体無い。



参考資料として初見のお客さんのつぶやきを拝借した。

「昨晩は純粋に楽しかった。もっと長い時間あの空間に浸っていたい。現実が飛んでって半分ゆめをみてるかのようだった。暗い内容なのにお客に笑いを起こさせるってどんなマジック。頭の中のぞいてみたいですよ。」


明日まで震えて待て!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ