2016/6/25

6.22高円寺Reef終了(タテの比較解説)  佐藤豪(ソロ)

6月22日(水)
高円寺Reef


SE:妖怪退治
1.三角木馬に乗るダルマ
2.ロック始めました
3.ゴミバコ
4.ま・く・れ
5.競艇なんて
6.前略
7.80年1本勝負

よく「自分のライブは毎回違います」と宣伝する人がいるけど当たり前の話だ。
ライブなんだから、同じセットリストで同じ店で、ノーミスで2回やったとしても時間が違う。空気が違う。
同じスタッフまでは出来ても同じ客にはならないだろう。
ワンマンでやったとしてもだ。
強引に同じ客まで出来たとしてもその日の体調やら観てる人のテンションやら。
同じライブなんて出来ないと思っている。

あとはどう自分で落とし前を付けるか、そこだけだ。匙加減って奴。

パチプロ田山幸憲に「タテの比較」という技がある。
釘を見るときの技なんだけど横の台と釘を比較するのが「ヨコ」で「タテ」とは同じ台の昨日の釘と比較する。
上京する前の20前後の頃、北見のパチンコ屋に毎日通って真似てみたけど、全部の台の昨日の釘を覚えるなんて到底出来なかった。

「変身忍者流タテの比較」とは、ライブのことだ。
例えば2日連続で別の場所でライブやったとする。
「今日は昨日と全部違うセットリストにしよう」というのが「ヨコの比較」である。
昨日と今日の自分を比較している。
俺の比較の仕方は例えば1日目の店がReefだったとしたら、過去のReefで何をやったかと比較する。2日目の店も同じ比較をする。
これが「タテの比較」だ。
ヨコよりもタテのほうがお客さんにも分かりやすくなると感じている。

今月で言えば13日の中野と22日の高円寺で例えると中野は初めての店。いわば何をやっても初めて。でも生誕祭という企画ライブだったりしたからそちらに比重を置いた。
それでも初めての店ではほぼやる「ハ・ラ・カ・ラ」を入れたのは企画よりも初めての店というワードのほうが重要だった。
そことうんこ夫人の事を考えて、来るお客さんも想像してポイントの置き方に注意して決めた。
方や今回のReefはコンスタントに出ている店。
最初の頃は「ハラカラメイン」「まんが道メイン」などなどセットリストを工夫するだけでも変化できた。
回を重ねるとそれも出来なくなるけどReefの場合は使い勝手が良かったので自主企画も出来た。ある日は某役者さんを呼ぶからと前略を事前にリクエストされて組んだ事もある。
氣志團シリーズのようなアローンの延長戦みたいな演出したライブも出来た。
対バンの面子も面白い日に入れてくれるのでそういうテーマも持てる。
常連のお店だとセットリストも「起承転結」のアレンジ次第、曲の順番だけでも変えるだけで雰囲気を変えることが出来る。

今回は「前回のReefで何をやったか」よりも分かり易いテーマがあった。
ヤケクソ日記にも書いたけどプレジー3吉との再会だ。
10年越えると流石に重みが出る。
別に見ている人には何の意味も無い。
けど、この気持ちが重要。オレが乗れば観客にも伝わるのである。
リハ終了後にプレジーと話していたら「三角木馬とかまんが道とか覚えてますよ」と言われた。
まさに狙い通りだった。
今回のセットリスト候補として「ハラカラ」か「三角木馬」があった。
当時は「劇画オバQ」なんか「おもろいですね!」とか言われた記憶があるけど、兎に角当時の紙芝居曲か木馬だった。
そこはお店が重要になってくる。
Reefでは散々やっている。
それが決め手で木馬にした。
何故か「まんが道」は浮かばなかった。なんでだろう?自分でも分からない。

他の曲はそれ以降、古くても聴いてないだろうという曲をチョイスした。
当然だが来るお客さんのことも考えてはいる。今回は少しだけど。
紙芝居も観た事無いやつにしようと。

出演者全員が「アピアで経験」している人というのもポイントだった。
そうなると、なんとなく「シリアス路線」に行ってしまう。
ちょっと前ならそのまま紙芝居ナシの完全にお堅い進行も出来た。
最近はネタ系でも1曲は重たいの入れたりとかシリアスと言えどもネタを入れたりしている。
「強め」というだけで8割くらいかな、そういうバランスを取った。

あとは曲の分単位まで計算して選曲した。

3日前くらいまでセットリストは3パターンあった。
リハの雰囲気で決めようと思った。そこまで慎重にしていた。
でも最終的に前日くらいにパターンAとCが混ざった奴がふっと浮かんだのでそれを基にした。

最初は「80年〜」を頭にしていた。
当日の出かける前に「木馬が最初だな」と閃いた。
この最初だけでプレジーとの再会を演出した。
80年は最後に持っていった。その方がブレンバスターも出来る。前略では出来ない。

MCも要らない。2人が分かればいいという感じで。

パチンコはやらないけど競艇やってるよーという感じで「競艇なんて」も。
さりげなく競艇関係の新曲「ま・く・れ」まで入れる。
でもねー!「あるある」紙芝居よりも「サザエさん」紙芝居の方が、小一くんにまで対応できたんじゃないか?って思えてね、あっちにしたら良かったかな。
でもDVD宣伝「えー!うそー!」のネタも変わってしまうしなー。

そこら辺はもう仕方が無いというか。

それこそ、ライブなんで。

後半、束ねた髪を解いたのは常連のお客さんに向けてみた。
大した意味は無いけどビジュアル的に見る側の空気とか雰囲気が変わるかなって。

「前略」はトリの松下さんを挑発したという意味もある。

でも「前略」はどうもね。
ほんの少し集中力がなかった。

Reefは縦長な会場で、どうしても一番後ろのカウンターがちょっと温度が低い。
あそこは喋りやすいみたいね。
いっつも気になる。
気にしすぎると良い物が出来なくなるからあまり気にせずに突っ走るけど。
前略をもってしてもなんだかヒソヒソ話している人が居た。

アローンだとこうはならない。

でもそこまで黙らせることが出来なかったのは俺のせいかもしれないけど。


クリックすると元のサイズで表示します
小一くんを観ているときのオレらしいです。目つきが変わったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


動員:2 ワンマン:1 さくら:2 ライター:0

0

2016/6/18

6.17オープンマイク終了  佐藤豪(ソロ)

6月17日(金)
川崎ボトムズアップ
【Rock'n Roll Bar Night!!】

1.プリン
2.三角木馬に乗るダルマ
3.ハ・ラ・カ・ラ
4.80年1本勝負


初めての店で緊張感が漂いましたが無事に終了。
前回ライブ中野のまま荷物を持って行き、紙芝居とか衣装とかどうしようか迷いながらひとつひとつ選択していきました。
結果、普段と変わらない感じになりましたけど、気分的には22日のウォーミングアップのような感覚。
木馬で4弦が切れましたけどそのまま弦を完全に切る手作業の音に乗せて木馬を歌うという事をしたら反応された方がいらっしゃいました。

動画撮るの忘れた(笑)

写真も久しぶりに自撮り

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動員:0 ワンマン:0 さくら:0 ライター:0
0

2016/6/17

うんこ夫人生誕祭終了  佐藤豪(ソロ)

6月13日(月)
中野ムーンステップ

MOONSTEP presents
うんこ夫人生誕祭


SE:妖怪退治
1.ガスバーナー
2.刈り込みマシーン
3.あこがれの一本グソ(巻物朗読)
4.地獄のアングル(口パク朗読)
5.タイトルなし(モザイク朗読)
6.GOGOショアッ!
7.ハ・ラ・カ・ラ
8.80年1本勝負

昨年4月の終わりにリーフで共演した「ザ・うんこ」さんの嫁さんの企画。
去年の共演後、速攻でオファーが来たんですけど当時の俺は建築バイトで先が読めない状態。
休み取ったら干されるんじゃないかみたいな空気。
出てみたかったが決まっていたライブだけで精一杯な感じで丁重にお断りした。
結局、現場変わったり休み申請事件で辞めたりバタバタしていた。
今年、改めてオファーいただき、出演となった。

「生誕祭」「投げ銭」というワードで構成を決めた。
まず、「うんこ」から連想できる俺の曲といえば一本グソしかない。
元々メロディがあったんだけどシックリ来なくて朗読作品になった。
朗読は荻窪ボクリー時代にポエトリーリーディングの人達と交流があり、自分のステージに取り入れていった。
その頃は「俺が朗読するならこうだろう」という何か考えがあって巻物を使ったり一工夫していた。
朗読イベントで30分朗読をやった事があり、記憶が確かならその頃に作ったのが口パクやらモザイクやら。
あとは「手品した後に朗読」とかある。
所謂「ネタ」みたいなものなんだけど佐藤豪のネタといえば紙芝居な感じがあるが、そうでもないんだけどね、小道具とか紙芝居使用以前に使ってるから。

普通の朗読は「四畳半の大宇宙」とか「光陰矢のごとし」とか色々とあるけど一連のネタにする場合はまず「朗読します」と一本グソにする。
3つやらないと形にならないのがこの作品。
モザイクの前には口パクやらないと効果が無い。「間」が必要。

ちょっとね、モザイクであまりの空気に笑ってしまい、反省。
刈り込みまでの空気感が一気に変わるのを肌で感じた。
ポエトリーのイベントでは大爆笑だったけどね。
人に「笑わないほうがいい」とか言ってる場合じゃないよね。

実は「競艇なんて」に繋げるネタも作ろうと画策していた。
競艇選手の名前だけで替え歌を歌うという、昔「あらびき団」で騎手だけで替え歌した人のパクリをやろうとしたが、まー難しくて。

いつか完成したらやりたいけど。

変わりに「刈り込み」と差し替えた。
「ハラカラ」の前に「gogoショアッ!」は立川からの流れ。
まだ歌詞がスイスイ出てこなかったが、立川よりはなんとか乗り切った感じ。
途中の替え歌があるからまだ成立するかも知れないが、剛竜馬の歌ってどうなのよ?という疑問は拭えなかった。
でも、ムーンステップのドリンクに居たお兄さんが「メチャメチャプロレス好きなんすよ!剛竜馬の歌は感動しました!笑えませんよね!」と興奮気味に話してもらって「やって良かった」という気がした。

あれは笑いと悲哀がごちゃ混ぜになるオレが得意なやつだから。

キングオブ変身忍者のときに熊谷の店長さんに「時事ネタとか取り入れてみては?」という意見も貰ったことがあるが、共演にも時事ネタで替え歌とか披露している方がいらっしゃいましたが、オレはコレでいいんだなと思った。

あくまでも藤子不二雄とかプロレスとかそういうのでいいんだと思う。

ハラカラでは夫人を巻き込んでのスクワット
お祭りムードが出たような気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動員:3〜 ワンマン:1 さくら:0 ライター:0
1

2016/6/17

スケジュールの追加と変更  佐藤豪(ソロ)

前回の日程が間違ってましたが本日
6月17日(金)
川崎ボトムズアップ
http://www.bottoms-up.net/

オープンマイクに出ます。


6月22日(水)
高円寺Reef
http://www.kouenji-reef.com/
前売1500円+ワンドリンク500円
当日1800円+ワンドリンク500円
op/19:00 st/19:30


こちらは既報どおり。予約お待ちしてます。


7月10日(日)
新宿御苑RUTO
http://ruto.sa-kon.net/
詳細未定


変身忍者だョ!全員集合として。


7月17日(日)
北千住Knock
http://knock1010.web.fc2.com/
祥人プレゼンツ『knock on the heart#5』
開場18時 開演18時半 チャージ2000円+ドリンク代

スネーキージョーの所でゲスト参戦します。スターリンを2曲やります。


7月24日(日)
小田原姿麗人
http://www.shareido.com/pc/index.html
詳細未定
変身忍者だョ!全員集合で「小田原イズム2016」オーディションライブに出ます。
http://www.odawaraizm.com/16/audition.html


8月24日(水)
高円寺Reef
http://www.kouenji-reef.com/


以上、よろしくお願いします。
0

2016/6/9

6月のライブ展望  佐藤豪(ソロ)

6月13日(月)
中野MOONSTEP

MOONSTEP presents
うんこ夫人生誕祭

キツインデスキツインデス
The Ramble Brothers
稲葉里見ちゃん
雨本ふみさん
変身忍者 佐藤豪
折笠麗子

OPEN18:30 /START19:00
1000(ドリンク込み)投げ銭あり


会場は2階のバースペースらしいです。
「生誕祭」「投げ銭」というワードから「ネタ系強め」で行ってみたいと思います。
1000円でドリンク付きなんで安いですね。順番は希望者には教えますよ。
クリックすると元のサイズで表示します




6月22日(水)
高円寺Reef
http://www.kouenji-reef.com/

前売1500円+ワンドリンク500円
当日1800円+ワンドリンク500円

op/19:00 st/19:30

〈Happy Hour〉
オープン〜スタートまで、\1000で3ドリンクチケット販売

プレジー3吉 with サモン
おぐまゆき
松下カツミ
高橋小一
”変身忍者”佐藤豪

こちらはなんだか「アピア系」って感じで、オレはもう出てないですけど、そういう客層になるのでは?と思うので「シリアス系強め」で行きたいと思います。
順番は調べれば分かると思いますけど前売りがありますので予約者にはお知らせします。
クリックすると元のサイズで表示します




【オマケ】
6月18日(金)
川崎ボトムズアップ
http://www.bottoms-up.net/

こちらのオープンマイクにエントリー希望を出しております。
決定次第どこかで発表します。
オープンマイクですけどね。
0

2016/6/9

変身忍者だョ!全員集合 本格始動  佐藤豪(ソロ)

昨年の小田原城ミュージックストリート・ロックの部の為だけに結成されたバンドでした。

現メンバーの意見を総合してですね、ちょっと本格的にやってみようかという感じになりました。
一応、泥酔して納得いかなかったロックの部へリベンジという感じで12月を目処に方向性をアレコレ修正しながらやって行こうと思います。


一旦発表になりましたDVDは諸事情により中止となりましたが、ライブを重ねて新しいバンドへと変革させていきたいと思います。

当初のコンセプトも最早意味が無いものになってますけどよろしくお願いします。


7月10日(日)
新宿御苑RUTO
http://ruto.sa-kon.net/

時間料金未定

・MINT
・五寸釘
・ニューシェルビーズ
・変身忍者だョ!全員集合
・東亜蚊又
・YOU


7月24日(日)
小田原姿麗人
http://www.shareido.com/pc/index.html

詳細未定

「小田原イズム2016」オーディションライブに出ます。
http://www.odawaraizm.com/16/audition.html


クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ