2015/8/4

キングオブ変身忍者 復活ライブ終了  キングオブ変身忍者

7月26日(日)
熊谷ヘブンズロック


1.神乞い
2.まんが道
3.パンク道
4.競艇なんて
5.ハ・ラ・カ・ラ
6.ゴミバコ
7.80年1本勝負

当日は早朝から熊谷へ出かけて練習したのですが、楽曲はともかく、登場に関しては練習まで決まってませんでした。
なにしろ、カホンでやるはずが前回の練習でフロアタムを和太鼓に見立てるというモノに変わってしまったので。
「カホンだったら見た目も弱いので【2人でやっている】という感じを出す」という意味で新曲を作っていたのですが、これも無くなった。

バイトの方のトラブルで休みになった日にボンヤリとしてました。
これが最重要なんですけど、この時間が今年になってから全く無かった。

突然、頭に降りてきた映像がありました。
巨大なゴミバコから2人が登場し、終了すると帰っていくという映像。

そこから…
スモークが焚かれ、風の音が聞こえてくる。宇野、ゴミバコから登場、まんが道のリズムを叩く。佐藤、ギター弾きながらゴミバコから登場→演奏開始

これを宇野君に伝えていたのですが、後で聞いたら宇野君はイメージできてなかったようで…
とあるリズムパターンの音源を送ってきて「このリズムから佐藤豪が登場というのは?」
という案を頂きました。

これでは意味合い的に弊害がある部分があり、幾度かのやりとりで少しづつ固まりながらの練習でした。

練習中に宇野君が「このリズムは熊谷のうちわ祭りとかで使われるリズムで、神を降臨させる意味があるのです」(確かそんなような内容)という会話から段々とその登場に意味づけがなされてきました。

「人間(宇野)が神(佐藤)を呼ぶような感じ、同じ顔(メイク)だけど、人間はもともと神に憧れて真似する物なので…」

オレが宇野君に呼ばれてギター弾きながら登場する件が出来ました。
ラストはゴミバコにブレンバスターするというトコロまで。


しかしまー、ダンボールを調達してゴミバコを作ってましたが、デカくて跨げないとか飛び込めないとか色々問題が多発したんですけど、ミニ脚立も持って行ってたので、それとか使わなくなったカホンとかで解消して、ブレンバスターは本番での一発勝負となりました…

その後は、対バンのお客さんが暖かくて、初見にもかかわらず、やたらとウケ、(ウケ具合はいっつも初見もクソもないですけどね)乗ってくれて、スクワットまでしてました。


バックステージ含めて映像に収めてあります。

これをオレ個人名義のDVD特典映像にするのか、キングオブ変身忍者名義で作品にしてしまうのか、迷っておりますが、発表はしたいと思っております。

クリックすると元のサイズで表示します

動員:6 DVD:1 さくら:1
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ