2007/12/30

今年最後のご挨拶!  

本年はどうもありがとうございました。
ブログを初めて、たくさんの方々の訪問やコメントをいただきました。
ありがたいことです。

今年は透析を始めて、最悪な年になるかと思っていたのですが
クリニックのスタッフさんたち、
同じ時間帯の患者さんたちとその家族の方。
今まで知らなかった、頑張っている人たちが大勢いること。

そして、顔も本名も知らないけれど、ブログの仲間たち。
ご近所の顔と名前だけしか知らない方々よりも
ずっとずっと深い付き合いが出来たような気がします。

私にとって、今年は大きく飛躍できた年だったように思えます。
多くの人と話すことの大切さを再認識しました。
皆様のおかげです。

ここからは届かないけれど、
クリニックの院長先生、スタッフさん一同。
本当にお礼を申し上げます。

それから私の家族たち。
私の一番の元気の元になってくれていますね!

明日はブログを休みます。
では、皆様の健康とご多幸を祈って・・・・

良いお年を!
0

2007/12/29

今年の重大ニュース  風来家族

我が家の今年の重大ニュース。

◎私が透析を始めた
 4月のクリニック開院にあわせ、透析導入。
 保存期が辛かったので、やるなら早くやってくれ!
 という感じだったが、結果的にそれが良かったようだった。

◎足を7針縫う大怪我 
 5月、の怪我。
 1ヶ月ほど正座ができなかった。
 風呂に入るのもラップでくるみ、濡らさないように・・・
 昨年の骨折よりはましだったが、これも辛かった。

◎甥の結婚
 3月、下の兄の長男が、6年越しの恋人とやっと結婚。
 レストランの結婚式で料理が美味しかった。
 腎臓の保存期にもかかわらず大食いしたなあ。
 奥さんは大変可愛い人です。

◎冷蔵庫、新調
 6月、古い冷蔵庫にアイスクリームを入れていたら溶けていた。
 おかしい?と思ったら冷蔵庫が冷えていない。
 あわてて、電気屋に走った。

◎エアコン、新調 
 7月、クーラーのスイッチを入れても冷えない!
 また、同じ電気屋に走ることに・・・

◎修学旅行 
 9月、息子(小6)の修学旅行。 京都、奈良の旅。
 学校で撮ってくれた写真は、そっぽを向いた写真ばかり!
 恥ずかしいのか、ひねくれてるのか?(笑)

◎広島研修
 5月、中学2年の娘の広島研修。
 安芸の宮島に行ってみたかった娘なので大喜びで出かけた。
 帰ってきて、「良かった!」「楽しかった」を連発。
 お好み焼きもとても美味しかったそうです。

◎リフォーム
 6〜8月、私の実家の台所をリフォーム。
 年老いた父の為にバリアフリーになった。
 電化住宅になった。
 ペンション風の台所に大変身。

◎息子の身長
 息子がニョーボの身長を越す。
 いずれ、お姉ちゃんを追い越し、私と同じになるか追い越すか?
 その頃には、ヒゲが生えて、声変わりして・・・

◎ブログ
 7月、私がブログを始めた。(娘も一緒に始めた)
 最初の記事は・・・
 (恥ずかしいので見ないで下さい!)

 
0

2007/12/28

チーム・クリニック  スタッフさん

今日の担当はナンちゃんとユミさん。
それに師長さんが遅くまで透析室に残っていた。
夜8時を過ぎてツネさんも顔を出し、
「まだ残ってるのよ〜」
と笑う。

院長先生が透析室にきて私と話をしていたら、
クリニックの緊急用の携帯電話が鳴る。
先生は部屋の隅に行き、携帯でなにやら話を始めた。

処置室に詰めている女医さん、W先生がやってきて
「電源切ってもいいですか〜?」
と院長先生に聞く。
「ダメだ!急患が来る!」

しばらくして救急車が到着。
師長さんも羽織っていたカーディガンを脱ぎ、
ゴム手袋をはめ、マスクをつけてさっそうと出てゆく。
ナンちゃんも様子を見に出て行った。
(緊急透析に備える為か?)

ナンちゃんはすぐに戻ってきたので透析患者ではないようだった。
透析でなければ持ち場を離れるわけにいかないからね。
ナンちゃんの話によれば、
受付に看護師二人、検査技師一人、院長先生が待ち構えていたそうだ。
「カッコよかったですよー!」
「チーム・医龍ですよ!」
「MEもいたほうがそれらしくなりますよね!」
と、気分が乗ってる。

私の透析が終わる頃に、救急患者の治療も終わったらしく、師長さんが戻ってきた。
ナンちゃんやユミさんに説明しているのを聞くと、
高齢の患者さんで、生牡蠣を食べて食あたりしたとのこと
点滴を受けてずいぶん良くなり、点滴が終わったら自宅に帰るとのこと。
まあ、たいしたことがなくてよかったね!

患者が落ち着いたら院長先生も透析室にやってきて、
「昔の血が騒ぐね!」
と興奮気味。
総合病院では医局長をやっていた関係もあり、救急患者の扱いには慣れておられる。
したがって救急隊員もよく知っているのかも?

クリニックに救急車が着くことなんて滅多にないこと(初めて?)なんだけど
患者さんは、先生が総合病院時代に診ていた患者さん。
救急隊員が掛かりつけの病院を患者に聞いたら、
院長先生の名前を出したらしい。
そして、岡山市内から遠路はるばる(というほど遠くもないが)
クリニックまで搬送してもらったということだった。

頼ってくる患者がいる限り、決して断らない院長先生。
偶然(?)残っていたとはいえ、待機しているスタッフ。
透析の可能性も考えたナンちゃん。
良いクリニックですよ! ここは!!

0

2007/12/27

日々雑感  風来家族

☆我が家の流行語
車に子供たちを乗せて走っていたら、
車道を自転車でフラフラと走っているおばちゃんに遭遇。
後ろから近寄ってもいっこうに平気。
あぶないなあ・・・と思っていると、息子が
「気分が乗っとるオバチャンじゃなぁ〜」
とつぶやいた言葉に娘が大ウケ。
それ以来、「気分が乗る」が我が家の流行語になった。
ドジをやっても、ウケをとっても「気分が乗る」ですむ。
(「どんだけ〜」と同じ用法)
私が階段で踏み外しそうになったら、とうとうニョーボまでが
「気分が乗っとったん?」
と笑う。
いつか言い返してやろっと!

☆使ってみよう
動かして製品を加工することまでは成功したけれど、
いったん動作を記憶させると工具補正が効かなくなるので、
扱いにくいことが判明。
(あとは専門的な話になるので省略)
とにかく、汎用機(手動)としてしか使えないなあ。残念。

☆また間違い電話
電話が鳴る。
「はい、寿限無です」
「あらあら、イシハラさん!この度はとんだことで!!」
「こちらは寿限無ですが」
「ええ、え!ああ、あらあら!イシハラさんじゃないんですか!?
 間違えたかしら。どうもどうも。このたびは・・・」
(最初から寿限無だと言っとる!)
どなたか亡くなって動転していたらしい・・・

☆またまた間違い電話
電話が鳴る。
「はい寿限無です」
「(笑い声)」
「もしもーし!」
「すみましぇ〜〜ん、まちがえでした〜」
(酔っとんかい!)

☆カレーライス
昨夜のメニューはカレーを作る予定だったらしいが、
タマネギがなくて急遽メニュー変更。
今日はニョーボが買い物に行ってタマネギも買ってきた。
もちろん今晩はカレーライス!
「簡単でいいわ〜」
とニョーボも大喜び。
皿に盛られたカレーは・・・ レトルトカレーだった。
(いやにニョーボの気分が乗ってると思った・・・)
どんだけ〜!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ