2008/8/31

日々雑感  風来家族


☆日々雑感☆
毎日ネタに苦しんでいるというのに
私にはこんな『雑感』シリーズがあるのを忘れていた。
ある意味、バカ?

☆本気のグー☆
ニョーボはNHKの『太王四神記』を見るのを楽しみにしている。
息子はニョーボがTVを見ていると邪魔をするのが趣味。
わざと前に座ったり、画面を半分隠してみたり(笑)
昨日、ニョーボが笑いながら
「ゲンコツ入れてやったぁ〜」「邪魔ばっかりするんじゃもん」
と、かなり力いっぱい殴ったようす。
私と娘「ああっ 家庭内暴力じゃ!!」
息子もまさかニョーボが殴るとは思っていなかったらしい。
少しは邪魔をしなくなるだろうか?

☆忙しかった☆
今日は朝から次兄がうちに来て、
私が実家から借りていた小さな耕運機を取りに来た。
実家までついて行って下ろす手伝い。
家に帰ったら、子供たちが
レンタルショップがまた80円レンタルしているので
DVDを借りに行きたいという。
またお出かけ。
ついでにニョーボに頼まれた買い物。
帰ったらこんどはゴミ出し。
洗濯物まで取り入れさせられた。
夕方になってやっとPCを使う暇が出来た。

☆宿題☆
昨日の娘の宿題。
結局、時間がなくて
最初に娘が言っていた夜空に手を差し伸べる人間(自分?)を描いたみたいです。
騙し絵にはすごく興味を示してましたが、アイデアを練る時間がなかったらしい。
「もっと早く言え」
と叱ったら、用紙がなくて学校に行って貰いなおしてきたとのこと。
私だったら、用紙を紛失したら宿題、やらないかも知れない。
以外に(?)真面目な娘。
みなさん、ご協力 ありがとうございました。

☆宿題2☆
たったいま、息子が宿題のポスターを描き始めました。
「もっと早から描け」
と言ったら
「せえでも、お姉ちゃんが絵具使ようったんじゃもん」
とのこと。
0

2008/8/30

宿題を手伝って下さい。  風来家族


『この詩を読んで、イメージを絵に書いてください』

夏の草原に 銀河は高く歌う
胸に手をあてて 風を感じる
君の温もりは 宇宙が燃えていた
遠い時代のなごり 君は宇宙
百億年の歴史が
今も身体に流れてる
光の声が天高く聞こえる
君も星だよ みんなみんな

時の流れに 生まれたものなら
ひとり残らず 幸せになれるはず
みんな生命を燃やすんだ
星のように 蛍のように
光の声が天高く聞こえる
僕らはひとつ みんなみんな
光の声が天高く聞こえる
君も星だよ みんなみんな


娘「おとうさあん、宿題手伝ってぇ」
 「音楽の宿題なんだけどね、この詩を読んで絵を描かないといけないの」
 「合唱コンクールでこの歌を歌ってその背景に自分たちで書いた絵を使うんだって」
私「こりゃあ、難しいな」
娘「抽象的でしょお〜〜。 わたし、イメージが湧かない」
私「身体も、生命も、地球も星も同じ物質でできているってことだな」 
 「だから 生きていること自体が宇宙と同化してると言いたい訳だ」
娘「だったらどんな絵にしたらいいの?」
私「う〜ん」
娘「♪風の中の昴 ♪砂の中の銀河〜」
私「wwちょっと違う(笑)」

私「身体の輪郭だけ描いて、中に銀河を書くとか、
  銀河系を手ですくってるような感じで描いてみるとか・・・かな?」
娘「地球に立つ人が、天の川に手を差し伸べてるのは? ありきたりかな」
私「そういう判りやすいもののほうが、『背景』としては向いているかもしれないな」

娘「じゃあ天の川を描くとして・・・ なにか物足りないな」
私「宇宙だったら 宇宙戦艦ヤマトかガンダムでも描いとけばw」
娘「出たな! オタク!!」

私「ブログのネタにして、意見を聞いてみようか?」
娘「あ、そういう手があるのか! ブログに書いてみて?」 
 「『宿題を手伝ってください』って!」

というわけで、娘の宿題、手伝ってやってくだされ。
o(*,",)oぺこり ←娘
0

2008/8/29

雑記  雑記帳


雨が降ってる。
でも、幸いに私が住んでいるところは大雨にはならない。
岡山県西部は 集中豪雨で浸水した地区もあるらしいけど
慢性的な水不足の解消にはいたっていない。
中途半端な雨。

名古屋、東海地方にお住まいの方大丈夫でしたか?
ニュースを見て心配してます。
東京のほうも大変だったみたいで・・・


昨日、会社の帰り道対向車線がえらく混んでいた。
ずらりと長い長い列。
何事かと思ったら、ラジオのニュースでは
山陽自動車道で事故のため、通行止めとのこと。

山陽自動車道の車が一般国道に下りてくるから渋滞しているらしかった。
へえ、こんなにたくさんの車が走ってるんだ、と感心。
私の方の車線は問題なくスムースに帰れました。


考えてみれば、いつもの風景ではあるけれど、
新幹線、高速道路、JR、が普通に見られる地域だな。
お盆などで、四国ナンバーの車の後ろをついていってたら
国道のそばの新幹線高架を「のぞみ」が走り去るのを見た車の家族。
新幹線を指差している親と、それを見ようとする幼い子供。

四国には新幹線、整備されていないから珍しいのか、と気がついた。


子供たちの夏休み、土曜と日曜で終わり。
娘は、いよいよ本格的に受験の季節に入ってくる。
しかし、志望高校決まらず。
J高校をあきらめたら、目標が見えなくなったみたいだ。
0

2008/8/28

第2部 【1】の裏話  スタッフさん


昨日の記事の裏話です。


>『ニョーボに乗せてもらって行った。午前10時。』

これはクリニックに見学に行って、院長先生と話をしたときに
先生が『じゃあ午前中、10時に来てください』と言ったから、
クリニックに行ったんです。

透析を始めて、しばらくしてからスタッフが教えてくれたのは
「あのときはねえ、午後から導入患者さんが来るって聞いてたのよ」
「それが、朝 いきなり来るもんだから私たち、あわてちゃってねえw」

院長先生も見学会の真っ最中で、
私とどういう話をしたか覚えていなかったに違いない!


>『何も知らない私は案内されるままに、手を洗い・・・』

手洗い場に置かれているハンドソープ。
これを手に出して、しっかり手を洗って、と言いながら私の手を洗ってくれたので
私はされるがままに手を洗ってもらった。
スタッフさん、『手ぐらい自分で洗え!』といいたかった雰囲気。
よほどアホな患者に思えたのだろうな(笑)
このスタッフ、誰だったか記憶にない。残念。


>『操作しようとするとまたポロリ。』

「ごめんなさい、ごめんなさい」
と謝りながらも、
「何度も練習したんですけどねえ???」
と、本音もポロリと出てくる。(笑)
こういうとき、怒り出す患者もいるんだろうな、と思った。



>『(スタッフがいた病院)の名前を出すと「へえ?」と意外そうな顔。』

あとで聞いた話。
その病院の外科の先生は、シャントを作るのがヘタなんだそうな(^^;)
「なんていう先生に手術してもらったんですか?」
と訪ねられたけど、覚えるつもりもなかったから
「名前、知らないけど、若くて小柄な先生だった」
とだけ・・・

入院していたとき手術が終わって、師長の一声で若い看護師が次々に
私のシャントの音を聴きに来たり、担当の女医さんが
「めずらしい、めずらしい」
と感心していたのも、そういうことだったのか、と、このとき初めて理解出来た。
あぶねーな!!


>『透析は体が透析に慣れるまでは入院すると聞いていたけど』

普通はやっぱりそうらしいですが、私が元気で導入時期が早かったので
通院で透析ということにしたようでした。
スタッフとしたら、クリニック立上げ直後で、
透析をほとんど知らない看護師ばかりなのに、
「通院で導入!?」「先生、正気なの!?」
と、驚いていたそうでした。
スタッフの誰も、通院で導入患者なんて扱ったことがなかったから。
(おそらく院長先生も)

アーちゃんに聞いたら、
「あのときは慎重でしたよぉ〜 誰も経験がなかったんだものw」
と、笑ってましたが、患者の私以上に緊張してたんだと思う。(笑)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ