2012/5/17

モビルスーツ考  雑記帳

いきなりモビルスーツの話。
まあ、ガンダムの話題です。

初代ガンダムが放映中のころ、仲間内でよく話していたものです。
なぜ人型なのか?
平たく言えば、ぶっちゃけマジンガーZの流れをくむロボットアニメだからなんですが
戦車や飛行機じゃダメなの?ってこと。
宇宙戦艦ヤマトなんて戦艦そのものだったし。

人型である理由づけとして、惑星表面で働く機械として
車輪やキャタピラよりも岩山や不規則なギャップを乗り越えるのに有利であること。
ザクT型なんて作業用ロボットそのものだったしね。
ようするに宇宙服の発展型でありモビル「スーツ」の名前が残る。

では宇宙空間で手足は必要なのか?

初代ガンダム終盤でシャアがジオングに乗り込むとき
「足はまだできておらんのか?」
という質問に対し、整備員がはっきり言っている。
「あんなものは飾りです!」
うーむ、どうやら手足は必要ないのか?

宇宙空間で動きを制御するのは、小型のロケットエンジン。
前に進んだり止まったりは、スラスターノズルの噴射で行われるわけだ。

ここでやっかいなのが質量の問題。
宇宙空間は無重力であるから、重さはないわけなのだが質量は存在する。
無重力であっても1トンの物体を動かすには やはり1トンの力が必要なのである。

動いている物体には運動エネルギーが質量に加算される。

そう、体操の選手が空中で月面宙返りをやってるじゃないか。
これはひねりを加えることで 質量の移動を行っているからああいう動きができるのだ。

モビルスーツだって無重力空間で質量の移動をすれば 
思うままに体の向きを変えることができるわけだ。
つまり、バランスをとるためには人間の体に近い形状の 人型がピッタリ。

だからやっぱり 宇宙空間においてもモビルスーツは人型であるべきなんだ。
と思う。

クリックすると元のサイズで表示します

※いいかげんなこと書いてるので、本気にしないでネ
2

2012/5/14

春の小川  風来家族


日曜日は地区の溝掃除でした。
毎年、ゴールデンウィーク後の日曜日に行われる。

溝掃除といっても、コンクリートで固められた溝の底に落ちた石や砂をさらえるだけなんだけどね。
地区の人たちが総出でやれば実質30分ほどで終わってしまう。
楽ちんなのである。

私が子供のころ、実家の近くの溝は石と泥と草の思い出。
田植え時期ともなれば池の水を流し、あちこちをせき止め、子供の遊び場となる。
プラモデルのモーターボートや戦艦を走らせ、歓声を上げていた。

網を持って水の底を掬えば、メダカやドジョウを捕まえられる。
タガメやゲンゴロウ、オタマジャクシやトンボのヤゴもいた。
もう水に棲む生物の生きた図鑑でしたね。

中学、高校になると もう水辺で遊びこともなくなり
いつしか実家の近くの溝も コンクリートで固められた。

農薬を使うようになり、水草も消えてしまった。

子供のころ遊んだ水辺はもう、無い。
1

2012/5/12

パソコン事情(2)  私に関する話


次に手に入れたPCはWindows98でした。

会社でPCを使った仕事を手伝うことになって、自宅でも使えるようにしたかった。
というのは名目で、マンガ本のデータベースを作りたかったのと
なにより ニフティサーブに入りたかった。

当時、モデム内蔵の最高機種でも1.2G
今のPCから比べると笑っちゃうようなスペックですが、感動的なマシンでしたよ。
インターネットが普及し始めたころで、もちろんネットの接続も可能だったんですが
ADSLも普及の途中。

だから電話回線をそのまま使用。
つまるところ、ダイヤルアップで接続ですよ。
だから家の誰かが電話を使ってるとNiftyにアクセスできないし、
私がアクセスしてると電話が使えない。

接続時間が長くなると電話料金がかさむ。
当然ニョーボから苦情がくる。
したがって必要な部分だけ最小限にダウンロードして接続を切り
書き込みをしてからまたアップロードすることを繰り返していたんです。

Niftyでは『コミックフォーラム』の『懐古館』に常駐していました。
そのころ知り合った仲間たちとは 本当に仲が良かったですねえ。
みなさん、今頃どうしておられることやら。

私の『寿限無』というハンドルネームは当時から使っているのです。
この名前を使っていれば、もしかしたら昔の仲間が私を見つけてくれるかもしれない、
という淡い期待感もあったのですが、いまだに現われてくれません(笑)

このPCは今でも健在です。
電源を入れればちゃんと立ち上がるし、データも壊れていません。

もうほとんど使うこともなく、眠ったままですが。
0

2012/5/10

サプライズ  きょうの出来事

「おぃちゃ〜〜〜ん」

というフレーズから始まる、懐かしい方からメールをいただきました。
元ブログ友達。

彼女のブログの更新も止まったままだし、私も自分のブログがストップ。
私の手違いで メールアドレスも紛失してました。
連絡をとれる手段がない。

と、思っていたところへ嬉しいメール。

「今日、誕生日でしたよね?」
「おめでとうございます」

私のことなんか もう過去の友達になってしまったかと思っていたけど
ちゃんと覚えていてくれて、しかも誕生日まで記憶してくれていた。

ネット上のつながりだけなんだけど、自分のことを覚えてくれて 心配してくれている。

誕生日のサプライズでした。

ありがとう。親愛なるユッキー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ