2019/8/8  20:57



VSの Android版がリリースされました。
https://play.google.com/store/apps/details?id=project97.vs

まだ一部完成していませんが、リリースの記念に登山をしてきました。
山形の南にある朝日連峰の主峰、大朝日岳を目指します。

クリックすると元のサイズで表示します

◼ 4:00 起床
前日と前々日にも早起きの訓練していたので、すんなり起きられました。
さっそく山の天気を確認します。


クリックすると元のサイズで表示します

山頂に到着するタイミングで曇りそうです。
とはいえ今日を逃すと雨が降るようなので、行くことにしました。

◼ 6:30 登山口
登山口の古寺鉱泉に到着。
バイクを止めてからしばらくの間、黒い虫(アブ?)が周りを飛んでいて怖かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

宿泊施設の隣から登山開始です。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 8:00 景色が良くなる
ひたすら森の中を登り続けること1時間半、空が見えてきました。
ここから稜線(山の高い場所を結ぶ道)が始まります。

クリックすると元のサイズで表示します

この辺からトンボの数が多くなってきました。
日が当たる場所に多いようです。
あと、常に周りをブンブン飛んでいる虫(アブ?)がいました。

クリックすると元のサイズで表示します

古寺山で少し休憩。
他の人がいる山は安心できます。
誰もいないと何かあった時に怖いですから。

クリックすると元のサイズで表示します

■9:00 大朝日岳のY字雪渓
目的地の大朝日岳が見えてきました。
8月なのに、まだ雪が残っています。
風が涼しくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

稜線を進んでいきます。

クリックすると元のサイズで表示します

銀玉水(ぎんぎょくすい)という湧き水で水分を補給しました。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 9:30 大朝日岳へ
稜線を歩き続け、いよいよ大朝日岳にたどり着きました。
石の階段を登っていきます。

クリックすると元のサイズで表示します

避難小屋が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します

避難小屋は、別の登山ルートとの合流地点でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 10:00 大朝日岳山頂
山頂に到着しました。
昼ごはんを食べながら、霧が晴れるのを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくすると、晴れてきました!

クリックすると元のサイズで表示します

■ 10:30 下山開始

帰りに避難小屋のトイレを使わせていただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

維持管理のための100円を投入。

クリックすると元のサイズで表示します

帰りもいい景色です。

クリックすると元のサイズで表示します

森に入ると、虫が少なくなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 14:00
無事、登山口に戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

足がガタガタです。
あと、水が尽きかけています。
自販機を探すため直ぐに出発しました。

■ 感想
素晴らしい景色を見ることができて大満足です。
限られた時間とお金で成し遂げた、思い出に残る登山になりました。

暑くて虫が多かったので、次からはもっと涼しい季節に行こうと思います。

2019/8/1  21:30

プロジェクト VS  2016年〜:Arc / Versus

VS UltraのAndroid版がリリースされました。

iOS版の制作開始が2017年1月なので、約2年半。
ここまで長い時間を費やしたプロジェクトは初めてです。

制作開始からリリースまで何があったのかを忘れないようにメモしておきます。

■2016年11月 ポケモンサンムーン発売
iOSのダメージ計算アプリがないため、
ダメージ計算ができずに困る人が続出しました。
実数値入力型のArcはありましたが、余程の対戦狂にしか使えません。

クリックすると元のサイズで表示します

■2017年1月 iOS版VS 制作開始
究極のダメージ計算アプリを目指して制作を開始しました。
ただ作るのではなく、やるからには究極の一品を作りたい。

当時の日本には存在しなかった、
「4つのダメージを同時に計算できるツール」を作ることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 2017年12月 iOS版 ver.1.0 公開
プログラム担当daimon、デザイン担当OZYで制作したver.1.0を公開。
指に追従するスワイプができなかったり、
ポケモンデータの記録に10秒かかったり、
バグだらけでステータスが狂ったりとプログラムは欠陥だらけ。

デザインも、どこがボタンなのか分からない、
どう動くのかが予測できないなど、ひどい状態でした。

クリックすると元のサイズで表示します

■2018年4月 daimonが離脱
daimonが離脱。消防団の練習がヤバいらしい。
プログラム・デザイン共に、私1人で作り直すことになりました。

15ヶ月の労力を捨てることになるので不安は大きかったですが、
いま思い返すとこの判断は適切でした。
ver.1はいくら改良しても、究極にはなり得ない。

再設計を開始しました。

クリックすると元のサイズで表示します

■2018年の9月 iOS版VS ver.2.0 公開
究極のダメージ計算アプリが完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

アプリのアイコンは「ブラックカーボン」に変更。
「軽くて速い」アプリをイメージしました。

日本初の、4つのダメージを同時に計算できるツールです。
しかもアプリ。
スクロール不要でダメージと攻防のポケモンのステータスを確認可能。
特性バッテリーやオーラ+スキンなどの計算も可能な充実した補正。
483匹の初期データ。
初期データの自動更新。
能力値からのステータス逆算。
12個のダメージを同時に計算。
最高の精度を誇るダメージ計算式。
チーム管理と対戦記録、対戦分析。
2〜5回攻撃にも対応した確率計算。
高度な対戦考察を可能にする加算機能。
showdownの計算機と互換性のあるテキスト形式のポケモンデータ管理。
滑らかなアニメーションと操作性。
ほとんどタイムラグのない速さ。
カラー、言語を切り替え可能。
チュートリアル付き。
邪魔にならない広告。


紛れもなく究極の一品です。

もしVSを超えるダメージ計算ツールがあるとしたら、
おそらく未来の自分が作ったものでしょう。


■2019年1月 サイト再作成 & Android版制作開始
iOS版のアップデートをしつつサイトを再作成しました。
Android版の制作を開始。

クリックすると元のサイズで表示します

■2019年8月
Android版VSがリリースされました。

クリックすると元のサイズで表示します

VSが存在することによって、少なくとも日本では

「ポケモンの新作が出たのにダメージ計算ツールがない」

というサンムーンのような事態は二度と起きないでしょう。

11月のソードシールドの発売に間に合って本当に良かったです。

まだ一部の機能が完成していないので、これからアップデートを制作します。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ