2016/6/4  21:49

ダメージ計算機Arcの説明動画  2016年〜:Arc / Versus

https://youtu.be/cnpQrDYq7cM



Macの純正無料ソフト、iMovieで作りました。
iMovieは機能が限られている分、わかり易いですね。
動画の編集は初めてでしたが何とかなりました。

忘れないうちに大まかな手順をメモしておきます。



■1、文字と音楽だけの下地動画を作る
iMovie を起動し、新しいプロジェクトを作ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動画の大きさは1280×720にすると決めていたので、その大きさの背景画像をドラッグ&ドロップします。

クリックすると元のサイズで表示します

画像は予め作っておきました。

クリックすると元のサイズで表示します

iMovie の画像の右端をドラッグして、画像を表示する長さを動画の長さ(5分くらい)に伸ばします。

クリックすると元のサイズで表示します

この上に、セリフ画像を重ねていきます。1つのセリフはデフォルトの4秒のままです。

クリックすると元のサイズで表示します

画像を画面サイズに合わせるので、フィットに設定します。
画像を選択して、クロップ→フィットです。

クリックすると元のサイズで表示します

0.7秒かけて文字が表示されるようにしました。
オーバーレイとして追加→カットアウェイ→0.7秒です。

クリックすると元のサイズで表示します

画像を並べ終わったら、セリフの長さに合う音楽を選んで、つなげていきます。
オーディオ→音楽をドラッグ&ドロップです。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、ファイル→共有→ファイルに書き出します。これで、下地になる動画が完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

■2、アプリの画面を重ねる
新しいプロジェクトを作ります。
先ほど作った下地動画をドラッグ&ドロップします。
ここに、キャプチャしたアプリの動画(※)を重ねていきます。

同じ要領なので画像は省略します。
動画を重ね終わったら先ほどと同様、共有でファイルを書き出します。


(※)
アプリの動画キャプチャは、QuickTime Player を使いました。
iPhone をつないで、新規ムービー収録を選びます。

クリックすると元のサイズで表示します

次にiPhoneを選びます。

クリックすると元のサイズで表示します

赤丸を押せば録画開始、もう一度押すと録画停止です。


■3、赤枠や赤矢印を追加
完成した動画に、さらに赤枠や赤矢印をつけました。
同じ要領で、完成した動画に画像を重ねるだけです。




トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ