2018年ベスト 展示編

2019/1/25  21:42 | 投稿者: 時鳥

2018年に見に行った展示の類をざっと数えると、154となった。
複数回見に行ったのを都度カウントすると、もう12ばかり増える。
ほかに、ニューヨーク旅行で行ったところが7か所。
最近、展示を見に行きたいと思わなくなってきて、特に下期は足を運ぶ回数が激減している。

ベスト2
府中市美術館「長谷川利行 七色の東京」(6月)
千葉市美術館「岡本神草の時代」(7月)

次点:
ギンザ・グラフィック・ギャラリー「平野甲賀と晶文社」(2月)
写真歴史博物館「言葉を超えた写真家 富山治夫 現代語感」(8月)
有楽町朝日ギャラリー「下村兼史 生誕115周年 100年前にカワセミを撮った男・写真展」(9月)
ギンザ・グラフィック・ギャラリー「続々|三澤遥」(12月)

ニューヨークはメトロポリタン美術館とブルックリン植物園、
アメリカ・インディアン博物館が良かった。
ニューヨーク市立図書館も美しい。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ