2006/3/22

WBC  サッカー

最高!!

WBC決勝
キューバ戦。勝ったほうが世界一。

1回デッドボールと押し出し・今江のタイムリー4点取ったところまで見てTVを消した。実は残念ながら用事があってライブで見られなかった。
このまま行ってほしい、でも過去のキューバとの対戦を思い出すと、このまま行くはずがないとは思いながら家を出た。

会社の先輩に逐一メールしてもらって、出先でも状況はつかむことはできた。6回終了で6−3、8回終了で6−5と、回が進むにつれて点差が詰まってくる・・・。

しかし、9回表終了9−5、続けて日本世界一!!というメールにガッツポーズ。

家に帰ってから、じっくりビデオで試合をチェックした。
これをライブで見た人はかなり興奮したんだろうなと、うらやましくなるような白熱した試合展開だった。
ショッキングなことにビデオは9回表福留の打席の前でテープが切れており、試合終了の歓喜のシーンはスポーツニュースに持ち越しとなった・・。

5回に2点追加してからは、川崎や渡辺のエラーが重なり、いやなムードでいつ逆転されてもおかしくない完全なキューバペースで進んでいた。
やはり今日のベストプレーは松坂の5三振の力投も捨てがたいが、9回の西岡のプッシュバントだろう。あれでキューバがいやな雰囲気に、日本はしてやったりというムードに変わった。それに続くように確実にイチロー・福留がタイムリーで続いたのがさすが。福留なんかは2戦連続代打で結果を残すところに脱帽。あと地味に犠牲フライを打ち続けた小笠原もいい仕事をしたといえる。


ビデオを見終わって、各国の反応を知りたくて、インターネットやスポーツニュースをザッピングした。(スポルトに一番期待してたのに、やけにあっさりだったな)
米のメディアかどうだか忘れたが、「これで世界一野球の上手い国はどこか?という質問の答えに悩まずにすむようになった」というのがあって、日本野球を誇らしく思えた。

米のメディアは大半が、米のパワー中心のホームラン至上主義のような野球を批判していた。
確かに、ホームランなんて必要な時に出ればいい。福留のように代打で、しかも試合のながれもぐっと引き寄せるようなホームランが1試合に1本見られれば満足だ。
米代表のA.ロッドは、各国の初対戦のピッチャーに戸惑っていたようだが、やはりピッチャーがどんどん変わってくるWBCではバットに当てなければ話にならない。こういう大会では、山をはって一発狙うバッティングではなく、どんなピッチャーからでも同じようにバットに当てられるバッティング技術、選球眼が必要になってくる。それを考えると、金城・青木・福留・イチロー・小笠原・松中・和田と歴代の首位打者を集めたオーダーはうってつけに思えた。

日本はパワーの概念を端からあきらめてると思うが、その分世界で一番“野球”を“点の取り方”を知っていた結果のように思えた。

これで、次からの国際試合では“世界一”の称号がつきまとうわけで、追われる立場になり、特に韓国なんかは目の色変えてくるだろう。これからの国別戦はガチンコ勝負が期待できそう。日本のプロ野球選手は世界一になった国で野球をやっているという自覚とプライドで迎撃してほしい。



さて、モンテディオは横浜FCにも負けてしまった。ドローの多い横浜FCだから、ドローはやめてくれよと思っていたが、結果をみたら気が抜けて鼻で笑ってしまった。

WBC世界一の余韻で今週は乗り切ろう。
0

2006/3/20

モンテで空いた心の穴を埋めてくれたWBC  やきう

ついにこの日がきた! モンテディオホーム開幕戦!

途中R13の渋滞に巻き込まれ、試合開始直後にべスパについた。

前半からゲームを支配していたかに見えたが、昨年同様FWにボールは渡るが、パスを受けられる位置にいる人が限られていて、そこに渡った時にはDFがしっかりついていて、シュートまで持っていけずに、逆に札幌に1点とられ、守られ、敗北。。あんなにポテンシャルを秘めたレアンドロをうまく使いこなせていない。。はっきりいって、今までで最高の外国人じゃないか!

試合終了と同時にさっと席を立つ。ブーイングの意味を込めてせめてものアクションだ。

ため息をつきながら家路につく、、昨年のいやな思い出がフラッシュバックして、駐車場までの足並みを鈍らせる。



日曜、WBC準決勝対韓国戦

上原の気迫のピッチングと、福留のここぞという場面の代打ホームランにほえる。韓国ピッチャーの小笠原への故意のデッドボールに大ブーイング。あまりに急に大声だすもんで、娘にびっくりしたーといわれながら。
。。
タイムリーを打ったのに、憎らしいまでのポーカーフェイスのイチローに頼もしさを感じた。
ぜひここで燃え尽きないで、キューバに勝って優勝してほしい。

土曜のモンテディオの期待はずれ感でだいぶモヤモヤしてたが、WBCの快勝でなんとかもちなおせた。


0

2006/3/17

メキシコメキシコ〜  やきう


日本中がメキシコを応援した日

結果はメキシコが米を下し、奇跡の準決勝進出決定ー!

いやぁ、今回はほとんどあきらめてただけにかなり感激。

準決勝の相手は・・・また韓国。このトーナメント面白くないなぁ。もう。普通は別なグループの1位とあたるんじゃないの〜。

でもこの棚ぼたで、なんだか運に味方されて韓国にリベンジを果たして、決勝進出、優勝!、世界一!!っていうシナリオが見えてきた。俺には。

それにしてもまたまた日本代表の試合を見れて嬉しい。松井・井口もまだこれから招集できるのでは!?・・そりゃないか。




0

2006/3/16

WBC VS コリア  やきう

WBC。現時点で米が負けない限り終戦状態の日本。

初めてのワールドカップについての感想。

日本代表のオーダーを改めて見てみると、打率重視のオーダーはどこからでもチャンスになりやすく、見ていて面白い。また、「打」だけではなく、イチローを筆頭に「走攻守」3拍子がそろってる選手も多い。王監督掲げる“スモールベースボール”には好感が持てる。

独自ルールの「投球数の制限」。メジャーが大事な選手が怪我されたら困るからつけたようなおかしなルールだが、試合に負けてるほうはピッチャーが変わって展開が変わりやすかったりしてなかなか面白い。
韓国戦では好投していた渡辺を変えざるを得なくて、日本はえらい目にあったけど。。。

それにしても藤川〜 今日の展開で戦犯にするのは酷か。
0

2006/3/13

WBC  やきう

WBC・・・
タッチアップ・・・
判定びみょー。
7回裏、薮田が2死3塁の大ピンチの場面で、A.ロッドを気迫で3振に打ち取って、「よし、いける!」というムードになった。案の定その裏の回で岩村の犠牲フライで「勝ち越したーっ」と思ったらあれですよ・・・。
このままでは悔しすぎるので、逆にこの「もやっと感」を力にしてぜひ決勝トーナメントに進んでもらって、今度こそすっきりとUSAに勝ってほすい。
それにしても藤川〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ