2011/9/27

「オリンポスのポロン」のこと  
 ちびちびが学校で星座の話を教えてもらってきてから、そろそろギリシャ神話の話に興味を持ち始めたので、岩波文庫の本を貸してあげました。
 しかしあのカタカナの長い名前が覚えられない、とぼやくので、ついうっかり往年の名作漫画「オリンポスのポロン」を貸してしまったのよ。(吾妻ひでお著・秋田書店)
 ちびちび大変はまって読み出したのはいいんだけど、やっぱギリシャ神話の神様が納豆食べてたりホッケ背負ってどぶろく飲んでるのは違うよな。すまんちびちび。

 しかし吾妻氏といい鬼籍にはいられたあすなひろし氏といい、7〜80年代にほんとにいい作品を描かれた作家さんたちが、ハゲしくドロップアウトしていったのはなぜなんだろうか。
 今みたいにネットなんかでそこそこ情報がはいってくる作家さんたちと違って、漫画をかくとなったら、本気で世間と隔絶されていたからなんだろうか。
しみじみ。

 本屋さんから注文してた本が入ったとの連絡あり。
 本なんて密林でぽちればよさげなんだけど、一応新刊本だし町の本屋さんを通したいので、出向いて注文をしております。
 こんな本まで出してくれるなんて!とびっくりなみすず書房の本まで取り揃えてくれている、地方都市には珍しい本屋さんなのよ。縮小しないで頑張ってくれるといいな。

 メールの一つをBccにし忘れてccメールで送ってしまった、やばしーーー!
 これからお詫びを打ちにいきます。

2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ