2012/9/24

原稿合間に恐い話(大袈裟)  
 庭本の下書き開始。
 でも最初はやっぱりあんまりおもろないセリフと枠の書き写しなので、なんだかだらだら。
 集中が途切れるたびに「いかんいかん」と言ってうろうろするもんだから、ベランダの朝顔片付け&ベランダの雑巾掛け、トイレは換気口までぴかぴか、外の室外機周辺のコケまで落としてすっきりさっぱりしました。

 いや、すっきりしとる場合か!

 それはさておき、朝顔ですよ。
 夏の間グリーンカーテンにと窓の前に紐を張って、さわやかに仕立てておりました。
 花もほとんど終わって、なんか最近葉っぱが落ちちゃったなあ、と思っていたらちびちびが「虫のフンがおちているから、きっと芋虫がいるんだよ」と教えてくれました。
 なるほどフンから察するにホシはかなりなオオモノだな!しかし茎には1匹もついていない。きっと土の中に隠れているのね〜…

 と思うと、ちょっと恐くて触れなかったんですが、原稿ついでに(なんでや)プランターの中をほっくり返してみました。

 出てきましたよ〜。

 一匹15センチ以上の巨大芋虫くんたちが5〜6匹。こわい!こわいよさすがに!

 もうプランター抱えて近所の空き地まで走り、土ごと捨ててきました。いつもなら芋虫くんと古い根っこを取り除いて、土はリサイクルするんだけどね。
そんな余裕はナッシングだよ!
 なんの幼虫だったのかなあ。茶色くて尻に1本ツノがあったからスズメガの幼虫の終齢あたりかな、ぞくぞく。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ