2012/9/27

のんのんフィクション  
 今日はいいかげん髪を切りにいくぞ!と思っていたのに、万事のそのそしていたせいで叶わず。
 原稿は下書きがおおむね終わって文字打ちをしました。
 明日からペンが入れられるといいなっと。

 最近、ちゃまが吉田首相をモデルにしたドラマ「負けて勝つ」をせっせと撮って楽しく見ています。
 ドラマ自体は勢いがあって面白いんだけど、見た後のちゃまの反応がちょっとな〜。

 なにしろ真顔で「この中にフィクションの部分もあるのかな」とか言うんだよ!
 全部ドラマですがな、旦那!

 前に大河ドラマの「篤姫」見ていたときも、「これは殆ど実話だよね」というので、ギャグかと思って「えーNHKとは女の好みが合わないからイヤだなー」と返事したら怒られました。
 実在の人の名前をはめ込んだだけで、史実だと思うって、どんだけおぼこいんじゃ。

 随分前だけど、BSテレビでアメリカのニュース番組を見てたとき、映画「シェーン」の映像が流れ(ならず者が侵入、おばさんが息子をかばうシーン)
「このように非常事態に直面した場合、女性のほうが男性より近くにいる子どもの保護に反応することが、統計によって明らかになりました」みたいな話が流れたんですわ。
 なんでニュースの実例としてフィクションである映画の映像を流すかなー、現実と創作の区別がちゃんとついているのかな?とアゴが外れたもんだけど、同じように信じる人が

意外に近場でいておおいにショーック!だよ!!!
3

2012/9/29  20:48

投稿者:ricco
そう、確かにね。30代の頃は「少年の心を忘れていないな〜」と笑えたんだけどいまや50代なんだよ!
信長だったら人生計画外年齢じゃん、どうしよう〜!

2012/9/28  12:44

投稿者:こだこだ
だって王子ですから(°∀°)
そんなところがあるからお若いのかもしれないですな。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ