2013/2/27

絵柄のこと  
 昨日の今日でアレですが、早速コンテ玉砕。だめだ!やはり惚れたはれたはむずがゆい!(おたく的にそれはどうよ。)

 気を取り直して、ちびちびが帰ってきてからちょいと買い物にでて、ついでにドーナツ買ってきました。
 仕切りなおす前に一度大掃除するか。

 掃除といえば、先日在庫整理のついでに本棚の入れ替えをやってて、昔の漫画本が一山出てきました。
 コミックスはほとんど嫁入りの時に処分していたんだけど、愛蔵本をダン箱1個だけとっとかせてー!ってことで遠藤淑子先生の一連の本(白泉社)。
 これにちびちびがくいついてクリティカルヒットです。基本的にギャグというかコメディなんだけど、胸にぐっとせまるいいお話ばかりだからね!
 ちびちびは夢中で読み返しているけど、ちびちびの友達は「昔の絵だよね?」とするどいツッコミ。うむ、前世紀の絵だYO!でも幸い(?)当時の最先端の絵ではないから、今読んでも新鮮に感動できるんだよ〜。
 たぶん、お話がいい作家ってそうだと思うんだー。今だったら夏目の緑川先生みたいな感じかなっと。羽海野先生みたいに話だけじゃなくうっかり絵が上手いと、その流派ができちゃうもんねえ。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ