2013/5/28

知らない扉の前後  
 最近身に付いたスキルがあります。それは「知らんもんは知らん
 いや、知らないからやらないって話じゃなくて、知らないからといって恐縮しない。って事なんですが。

 自分が三人兄弟の真ん中だったせいか、子どもの頃、おかんは「姉に教えた事」を私が知らないでいると「なんで知らないんだ!」心からびっくりして叱っていた訳よ。
 冷静に考えれば、一人に教えたことが自然に子ども全員に知れ渡っていたりしたらそっちのほうが怪談。だけどそこはパブロフの犬で、なんとなく「知らなくてすいません!」が染み付いていたもよう。実際、単なるうっかりで忘れている事も多かったしね!

 なので環境が変わるたびにこの「知らなくてすいません」がハンパなく痛かったんだけど、さすがに子育てに関しては、「初めてだとやらなきゃいけない知らない事が多いよね」とどこの医療機関でも教育関係でも言ってくれるからさ!
 ぶっちゃけ高校の寮に入ったときより子ども産んだときのほうが、意味も無い不安は少なくてすみました。

 
 いざ気づいてみれば、人生はそんなにイタいもんじゃないんだなあ。
 もちろん知らないとか段取り悪いからという理由で叱られることもあるし、反省改善していく必要も当然出てくるわけだけど、それでも目にも見えない恐縮の荷が取れると、前向きに反省もできるし次に何をしていこうと切り替えやすくなるもんなんだな。

 こういう個人的な弱点?みたいなものって、他人からは見えないから、きっと私は無駄にうろたえる変な人だったんだろうな!(いや、今もわりと無駄にうろたえてはいるけれど、そんなに深刻じゃないYO!)

 
 午前中、市役所に行って用事を片して、ついでに駅前の無印良品で洗面所ものをお買い物。
 そしてやっぱり百均も覗いていってしまうのでした。ああ危険な香り百均。
 
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ