2006/8/30

プラバン  
 ものすごーーーく久しぶりに見たプラバン。ちびちびが友達のお家で作らせてもらってました、たま○っち図柄のものを。
ナニかというと、下敷きくらいの厚さのプラスチック板に絵を描いたり彩色したものを好きな大きさに切り抜いて、トースターでちょろっと焼くと、きゅうと縮んでキーホルダーのようなんが出来るのだ。
 中学生の頃、姉の高校の文化祭でマン研の販売物作るのを手伝って、ちまちま絵を描いたものです。
 当時は、高価なプラバンに絵が描けるなんてすんごいー!と目を煌めかせていたけれど、このトシになって冷静に振り返ると1枚2〜300円くらいでトーンより安かったのよね…学生時代の経済観念って、ほんっっっとにしみったれていたのな。うん。
 今時のものは、子供用にあらかじめ絵が描いてあって、色を塗って焼くだけでできるのだそうな。おたく魂のはいる隙がなくて残念であるなあ。
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ