2015/10/18

缶切り怪談  
 金属のカバーをねじる切るタイプのぽん酒の壜のフタを開ける際、ざっくり人差し指の腹を切ってしまってシッテンバットー。
 昔から変わった形の缶切りなど使う時やらかしてしまってたんだけど、ぎっちょはバックハンドでねじればいい。という真理をちょいちょい忘れてしまうからです。最近はケガしないよう、簡単なフタが多いもんでうっかりしていたよ〜。

 学生時代、声楽の先生が夏休みにオペラ仕事でイタリア行っている間、猫当番のバイトをしておりました。
 先生は猫マニアで5〜6匹のにゃんこと暮らしていたので、公演中のお世話をしていたのだ。
 にゃんこご飯は基本お魚と野菜の煮物なんだけど、デザートに外国製の猫缶もあげていて、それが左利きにきびしいタイプの缶だったのね。初めての時、勝手がわからずおもくそ指をざっくりやってしまったんだけど、それまで「わーい猫缶だー」とうきうき待っていたにゃんこたちが血だらだらを見て俄然野生に戻って「わー生えさだー!!」と騒ぎ出したのが面白怖かったです。(一応にゃんこたちと餌準備台の間には網戸があるので、襲われることはなし。)

 とか懐かしんでいる場合ではない。オオゴッド。
0

2015/10/20  0:00

投稿者:ricco
ありがとー。
いまどきは左でも危なくないような金具がほとんどなんだけど、たまにクラシックなのにあたると、昔みたいに注意してないからやっちまった模様です。
 原稿は幸か不幸かまだまだ下書きだから大丈夫〜。
 というかそろそろ急がねば。

2015/10/19  15:57

投稿者:さゆり
ぎゃあああ…!左利きだと、そういう不便があるのね…!
左利きさん用のカンきりは無いの?ハサミはあるのにねぇ。
そういえば、伯母は左利きなんだけど、刃物を使う時は右手でやってたわ。そういう不便があるから、矯正せざるをえなかったのね…

原稿は大丈夫?

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ