2016/1/28

話を解く  
 今日からちびちびはスキー教室行き。いいな〜いいな〜。うらやましいな〜。
 せめておいしいものでも食べてやろうと思ったけど、結局ご飯が昨日の余りモノになってしまった。そんな訳で秘蔵のニッカのシードルをいただこう、とくとく。

              
 
 しばらく前に、押入れのノート本をごっそり捨てた際、なんとなくぱらぱら見返してみて思った事。
 なんとバッドエンドの多いことよ!
 若い頃ってそうなのよね、思うようにいかない経験の方が断然多いから、フィクションを考えるときでも、うまくいかない方が自然というかリアルに感じてこじらせていく感じ。
 でもある時期から意識的にルートを変えて「解決する方向」を探すのもアリなんじゃないかと方向転換をしてみたのだ。
 これがずるずるバッドエンドに転げ落ちる展開よりだいぶ大変で、だけどなんとかゴールまでいけたら厄介な数式が解けたようないい気持ちになれたので、ああ話を組み立てるってのは解くことなんだなと思った次第。
 同じ年頃、夢でそれができないかと何度も努力してみたんだけど、だめだったのね。夢は方向を変えられない。途切れるか目が覚めるかしてしまうものだけど、物語はそうじゃないんだーと新鮮に思ったものであります。
 バッドエンドをどんどん突き詰めていくという道ももちろんありだと思うけど、それにはかなりロックな魂が必要だと思うのよ!
 残念ながら私にはそういう固さはなかったから、ほどく方にいけてよかったと思います。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ