2016/9/28

コマカスギー。  
 しばらく前に買ったサイバラさんの「泥名言」、ほんとに益体も無いことやら、ぶちかましたるわーみたいなことなど、つらつら並んでいるんだけど面白い。目の前でこのセリフ言う人がいたんだ、と想像するといい感じに痛痒くてなー。

 個人的にヒットは、海外で言われた「ニッポンジンコマカスギー。」の一言。
 なんかハエのたかってるお魚食べさせられそうになってうへ〜としり込みした時にかまされた言葉らしいんだけど、この酷いけどあっさりした感がいいな!

 ほら豊洲の問題でも、地下にたまった水の砒素の濃度が濃いの薄いの、とニュースで流れているのを見て、いや水質よりも建物の地下に水が溜まっちゃってる事だけが問題って言っちゃだめなの?と雑な私は思うんだが。
 たとえばうちのアパートの床下に水がなみなみ湛えられてるの見つけたりしたら、ふつーに欠陥住宅じゃーって大家さんに相談に行くと思うんだけど。「大丈夫、この水水道水と似た様な水質だから!」と言われても「問題はそこじゃねえ」って言うと思うんだけど。

 なんか細かいことを丁寧に調べあげようとするのは、格好のいい対応だとは思うんだけど、それを極めようとしすぎて要点ずれてしまうことってあるよね。
 ゆるすぎる対応は批判されるけど、細かすぎてすべった対応はツッこまれることもなくエスカレートしていくみたいなんで、ぜひお伝えしたい。とりあえず落ち着こう。
4

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ