2016/11/28

オリジナルイベントの事。  
 MGMで聞いた、そうさく畑についての話。

 私は聞いてなかったんだけど、畑の会場で他の創作イベンターさん達の公開トークがあったそうです。
 それを聞いていた方が、そうさく畑の趣旨とズレていまいか、ここでするのはどうだろう(畑の女性スタッフだけは軌道修正しようとしてくれてたけどいじられて終了みたいな)と思ったそうで、創作イベントのジレンマを感じてしまったんだ。

 二次創作で作品を描くときって、個人的には消費活動だと思っています。作品やキャラが好きでそれに対するレスポンスが形になったのが二次作品だと思うの。
 逆に創作作品(一次)ってのは、もうほんとに自分の中からせり出したものを表に出す作業だから、もともと意味があるものだとは思っていません。

 もしそれに意味や目的を付与させようとするなら、それを人に見せて販売するため、要はプロ作家になるためというのが一にして全。というのが多分コミティアの「創作作品の意味の落とし所」なんだろうなと感じています。
 でもそうさく畑はそれとは違う見方をしていたと思うのね。
 漫画を描くのは描くことが好きだから。一度何かを作って、その楽しみに気がついた人が、続けて何かを作り続けることを応援するのが創作イベントなんじゃないかとか。

 創作系の仕事に就きたい人を応援するっていう、コミティアの姿勢が悪いことだとは思わないけれど、創作イベントがそういう場所でしかなくなってしまったら、本来豊かなジャンルであるはずのオリジナルがとても痩せた畑になってしまわないか、と心配しています。
 多分、今オリジナルを始めたいと思っている人全員が、漫画家の就職活動として何か描こうと思っている訳じゃないよね?

 コミティアだって、自身が漫画家養成所の文化祭になりたいと思ってやっている訳じゃないと思うのよ。

 就職するためにスキルをつむのはエラいことだと思っている。
 だけどなあ、タダのシュミってのは一生の付き合いになるかもしれない、もっと大事な問題なんだぞ!シュミは仕事より上だ!(健康よりは下だが)創作イベントを就活の場にするなあ!

 2日もしてやっと頭がはっきりするって、どんだけのそいのか自分。ふー……

9

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ