2017/1/30

かあちゃん吼え  
 ちゃまの録りまくった古今のアニメ見て思った事を、昨日I氏と話してました、つれづれ。

 まずはエヴァンゲリオン以前は主人公が病んでないよね。
 それであの90年台中盤以降のアニメで妙に増えた、男の子の主人公の過剰なスナフキン化がね。見る側の男の子の幼いナルシズムをひたすら助長する感じが、ちょっと苦手なのよ。

 アニメ話とは別にI氏との話で出た男子あるあるねた、ミスしたときに謝らずなぜか言い訳をえんえん言い続けたり、何かをこなしたとき手伝ってくれた人に対してありがとうと言うかわりに、自分がこんなにできたという事をなぜか自慢する(手伝ってもらう必要なかったアピ?)とか、おまいイイ歳こいて幼すぎるだろう小5か!ってパティーーン、多くてやーよねって話。

 要はそういうタイプの男子が自己投影したがる、「特出した超絶実力者で社会からはまだ認められていなくて乳がもとい女子があんあん寄ってきて俺は望まないのに事件に巻き込まれて仕方なく有名で強大な敵を撃破するから権限は無限に与えられているイケメン」主人公ですよ。
 大体敵役に「軽率にも程がある人格破壊スレスレ外道、負ける寸前までヒステリックに笑う」キャラがいたり。

 エヴァのシンジくんは、幼くて誠実だけどキャパがまだ狭かったせいで精神的に折れてしまう主人公、ってとても新しい畑のキャラですごかったと思うんだけど、あれでスイッチ入ってしまった「俺は精神的に弱い(甘えたい)けど実力はすごいんだぜ(認められたい)」派ってとても多いと思う。

 ずばりカド○ワ系です、絵も動きも声優さんもみんなすごく秀逸だけど「またこの主人公かい!」とおばちゃんがむずむずしてしまうのは。
 こういう主人公に自己投影し続けると、絶対ごめんなさいとありがとうが言いづらくなるから気をつけなさいよ!かあちゃん許しませんからね!!とか思っちゃうんだよ…ほんと立て続けでキツいんだ。

 ほら一人で唐揚げできたと自慢する前に、肉切って味付けして揚げかたの指南をことこまかに書いて調理道具を出してさしあげた俺様に、どうも。の一言をぜひよこしてくれたまえちゃま!!!
 小5か!!!
5

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ