2017/3/31

美術展と本屋さん  
 昨日は暖かい日和だったので、街まで出かけてミュシャ展見てまいりました。
 大作揃いですごかったっす〜。国立新美術館はいつも規模が大きくてすごいな!大物展示のノウハウがあるのがすごい。
 しかし前から気になってたんだけど、なんでチケット窓口が遠いところにちょっぴりしかないのでしょうか!
 いつも、入る前にすんごい長蛇の列があってびびるんだけど、毎回ただのチケット売り場(それも建物の外)なんだよね…どきどき中を覗いてみたら、そんなに超混みじゃなかったり(混んではいるけど)して、特に正門から入った人はチケット買うために広い建物半周しないといけないのが謎。

 今回草間彌生展もやっていたんだけど、そちらの方がすごい混んでいてびっくりだった…庭の樹木の幹も赤白水玉のマーキングがしてあって存在感パネエよ!とびっくりでした。時間があったら見たいな〜と思っていたけど、外まで列が伸びているのを見て諦めました。ちょほ。

クリックすると元のサイズで表示します

カタログは秀逸。スラヴ叙事詩の作品解説も丁寧で、イラストレーターと見られがちなミュシャの骨太な時代の説明も詳しかったYO!

 個人的に象徴派とかロマン派の画家が描く巨大背景スピリチュアル系な絵はあまり好まないけれど、スラヴ叙事詩は中欧っていうどうしたって波乱しやすい地域や民族の心意気が漲ってるんで、もう別枠で好きだ。

 ところで帰りに池袋に寄って、ナガイゴー展も見てきたんだ。ちょっぴりだけどロボットてんこ盛りで面白かった!ダイナミックプロ発のロボットってサンライズロボとは系統ぜんぜん違うんだな〜。並べて見るまで気がつかなかった。

 そこまでいったんならって、久しぶりに西武の書籍館も散策してきました。都落ち前は、色々行き詰ってもここ1周したら大体復活するという、ヒーリングスペースであったよ…あとは帰るだけだってのに気がつくと本買っていたよ。とほほ。

 楽しかったです!!
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ