2018/2/28

スポーツ文化  
 オリンピックが終ると、成績を残した選手の名前が略されてメダルの数だけが話題になって、毎度のことだけどなんかやだなあ、と思っていたらSNSでついにこんな意見も。ジョンお姉さんという方。


「知人にオリンピック出場経験者がいるので、「選手個人すげー」「日本人すげー」のどっちが選手にとって有難いか聞いてみた。」

「回答は「絶対に日本人すげーがいい」とのこと。
「メダルを取った選手個人すげー」では、結果を出した選手個人にだけスポンサーは付くが、それ以外の選手にお金は付かない。つまり成果が出るまでは持ち出しという世界になる。結果、競技人口の減少や体制の不備に繋がって弱くなる。と。」

「「日本人すげー」の場合、日本人選手に金を付けろ、その競技自体に金を付けろという話になり、施設の整備や教育体制の充実などに振り向ける金ができる。結果国としての選手育成の土台ができるので、選手は自分でなく「競技に金を付けて貰えること」を考えている。というような事を言っていた。」
@MagunaCarta2

 いやあ以前、五輪で成果を出しながら「自分がすごいんじゃなく日本がすごいんだ」って姿勢を貫きながら、結果あまりにむごい亡くなり方をした猫田さんってバレーの選手がいてな…
 本人が人気を返上して「日本人だから」を強調すると、苦労や活動資金のやりくりを知らない(興味のない)外野は、スポーツを自慰の材料の一つとして楽しみ流してしまうと思う。

 逆に個人の人気が高い羽生選手や高橋選手浅田選手たちは、競技会やアイスショーのたびにマメに競技への募金を募ったりチャリティオークションを開いたりして、練習場所を増やして欲しい、後続の選手育成に力を貸して欲しいって活動してる。

 競技によって意見はいろいろだろうけど、アスリート当人の努力を知らない側の外野の自分が、選手をヨコにおいて「日本人すごい」なんていうのはしのびないな。
6

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ