2020/10/24

マイブロークンマリコ  
「マイブロークンマリコ」読了。平庫ワカ著
 女の子の友情の話、とても重い。DVや共依存とかどうしようもないくらいの絶望なんだけど、親友のマリコの自死を知った主人公のぶちきれた行動力と、どん底の不幸の中なんだけどわりとラッキーもある馬力で、最後の声を手に入れるまでのお話、すごくよかったです。
 人の心が壊れていく状況がとてもリアル、実は相変わらずちゃまがいろいろ録画しまくっている(おなじカドカワ系の)アニメを一緒に見ているんだけど、なんというか「男の人が想像で描く女の子の不幸」と「一見平気そうに見えていてじわじわ倫理観が壊れてきている女の子」とのはるかな距離は、コスプレの病弱美少女と、本当に病院で闘病している深刻な患者との差ぐらいに離れているな。
 それにしても、女の子はほんとに手紙が好きだな。短い、たあいない、言葉の投げあい。手段が変わってもツイッターやショートメールや掲示板みたいに似たような形が維持されるの面白いな。
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ