2007/11/7

はがれん  
 昨日の晩、思い立ってハガレンの一気読みをしました。
 だいぶ前に友達が貸してくれたのだけど、はじめの2巻分を読んで、あまりの恐さにびびりまくって、先に手が伸ばせなかったのだ。ああなんとチキンなことか!
 でも恐いものの冒頭だけ見てお預けにするというのは、ますます恐くなっていきそうだもんな!と半泣きで読んでいったんだけど、これがもう、読めば読むほど面白かったよ〜〜〜!
もちろん恐かったんだけどさ!
 なんか人の魂が腐って落ちるか、醸されていい味出すかの紙一重っぷりを大変リアルに描いているから、こんなに恐くて面白いんだな。
 とにかく私、恐がりなんで、リアルタイムでこんな話を読んでいたらきっと、びびって先を読めなくなっていたんでしょうが、イイ感じのところまで進んだあたりで、ほいっと見せてくれた友よ、恩に着ます〜!
0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ