BB427114

2014/3/7 | 投稿者: ghost

仏アルストムの汎用機関車プラットホームであるプリマ。AGC同様に、共通の足回りを架線給電とディーゼル発電のいずれかで駆動できる機関車プラットホームであり、電気機関車であるBB27000は2001年、電気式ディーゼル機関車のBB75000は少し遅れて2007年から投入されている。流石にプリマにはバイモード(ハイブリッド)機は設定されていない。

クリックすると元のサイズで表示します
<BB427136@マコン>

クリックすると元のサイズで表示します
<BB475013@カヴァイヨン>

ネ=カセと比べてしまうとシビックの線の細さは物足りなかったのだが、このプリマと比べると、やはりフランス機関車は独自設計でないと華やかさに欠けていかんな、という気分にもなる。


面白いのは、ボク自身は未撮影なのだが、トランジリアンが同型機(こちらはBB27300と命名されているのだが)をパリ近郊のラムレベジブル運用に投入していることで、日本で無理やり例えればEF510が首都圏の通勤列車を牽引しているような珍事であるのだが、汎用プラットホームの面白くない鉄道運用が大勢を占めつつある今日にあっては、BB7200のBB7600への改造ともどもに鉄道趣味人的には微かに輝く希望の星である。え、んなコト思ってんのボクだけ?

クリックすると元のサイズで表示します
<BB427114@シャロン=シュル=ソーヌ>

クリックすると元のサイズで表示します
<BB27118@オランジュ>

クリックすると元のサイズで表示します
<BB427040@ボーヌ>

クリックすると元のサイズで表示します
<車番・所属不肖@オランジュ>

最後のヤツは同じプリマでも三電源対応(仏交直流に加え独瑞墺のAC15kV/16.7Hzに対応)のBB37000ではないか、と思うのだが未確認。ブツクサ言いながら結構撮ってるんじゃん。

*     *     *

といったところで、昨年6月から続けて来た欧州撮り鉄写真整理の完遂に至った。やり出したときはよもや半年以上を要するとは思っていなかったので、感無量…というより、自分の酔狂さというか、一度やり始めると中断出来ない惰性の深さに呆れかえっている。

近々、久しぶりにスイスへ行く。それも含め、今後も追加で写真が撮れたら雑文を交えながら件の絵地図にも追加していこうと思っている。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ