バラバラな週末

2014/5/25 | 投稿者: ghost

既に昨日の話であるが、伊丹は荒牧バラ公園を訪ねた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<荒牧バラ公園>

先に須磨離宮のバラ園に立ち寄った際に感化されて、せっかく花の盛りなので散歩がてらに寄ってみた次第である。以下、どうでもいい話だが、レフ板を持って撮影している人がいてえらく熱心な人だなぁと遠目に感心していたのだが、よくよく見ると被写体はバラではなく(いや、バラも背景として重要なのだとは思うが)いわゆるドールだった。


帰宅してググッてみると該当例がいっぱいヒットするので、どうもこの時期のその筋の方には一般的な楽しみ方らしい。我々夫婦には人出を避けて早朝から行動する傾向があるが、これがその筋の人の行動パターンとシンクロするようである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<まぁ、その筋の人の気持ちはわからないでもない>

さらにどうでもいいが、妻は花ではなくバラの蕾を見て「イチゴみたいで美味しそう」とずっと言っていた。こっちはあいかわらずワケがわからない。

*     *     *

今日は裏神戸は押部谷から歩いて神戸市立農業公園まで散策してみた。いわゆる神戸ワイン城として知られている場所である。で、バラが続くのであるが、

クリックすると元のサイズで表示します
<バラとぶどう畑>

妻からの受け売りだが、バラをぶどう畑の脇に植えると害虫を花の方へ引き寄せる効果があるそうで、フランスでは一般的なことらしい。バラの季節の渡仏も悪くないかも。

クリックすると元のサイズで表示します
<押部谷・住吉神社>

クリックすると元のサイズで表示します
<性海寺>

押部谷の北側や、西神中央は完全なニュータウンだが、挟まれた川沿いは意外に田畑や史跡がたくさん残っている。歩きながら、妻が「このへんの村の人は〜」などと地元民に聞かれたら吊るし上げられそうな不遜な発言をするので「神戸市民ですから」と訂正はしてみたものの、確かに神戸とは俄かに思えないのも事実。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ