HGe4/4 15

2014/7/22 | 投稿者: ghost

氷河急行を迎え撃つポイントを探していたら、こんなやつが留置されているのに出会った。

クリックすると元のサイズで表示します
<HGe4/4 15@ブリーク>

BVZ(MGBの前身、ブリーク=ヴィスプ=ツェルマット鉄道)から継承されたHGe4/4、最後の生き残りの15号機である。Ce6/8IIを彷彿とさせる凸型でありながら、同機のようなロッドや連接構造を欠くことから「偽クロコダイル」などという有難くない渾名をいただくこともある、ある意味可哀相な機関車だ。一度実物を拝みたかったので叶って満足である。

クリックすると元のサイズで表示します
<X 2907+HGe4/4 15+X 2901@ブリーク>

もう少し引いて撮った一枚。ご覧の通り、前後に除雪用のアタッチメントを伴っていた。流石のスイスでもこの時期に線路のある標高に雪は降らないので、昨冬からこのまま放置されていたのかも知れない。


その他のついでに撮影したMGB(マッターホルン=ゴッタルド鉄道)の車両にも触れておこう。

クリックすると元のサイズで表示します
<Deh4/4II 94@ブリーク>

なんだかカオスな編成である、特に3両目。

クリックすると元のサイズで表示します
<B 4217@ブリーク>

ここ数年、スイスで進んでいる低床車導入の波が、MGBまでにも及んだものと思われる。見るからにやっつけ改造車っぽいのだが、他にもう少しやりようはなかったのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
<HGe 4/4II 1@ブリーク>

ツェルマット行の急行(とは名ばかりで、特に急がない、というか急ぎようがない)。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<Bt2251 & HGe4/4II 2 ペンデルツーク@ブリーク>

Re420牽引の旅客列車がほとんど見られなくなってしまった今日にあっては、貴重な純然たるペンデルツーク編成。いや、EW-IVやIC2000だってペンデルツークではあるんだけども、何か違うんだよな、求めてるものとは。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ