2019年総括

2019/12/30 | 投稿者: ghost

今年は、ここ数年の自身のご乱行を鑑みれば比較的おとなしくしていた一年であった……と勝手に思っている。まぁ、尖がった話題はコレくらいか。現在進行形でまたおかしなモノを作っていはするが、少なくともボクの中では最早平常運転の範疇だ。

それはともかくとして、毎年恒例のことでもあるので鳥撮り写真の今年の五葉をピックアップして締めたいと思うのである。

クリックすると元のサイズで表示します
<エナガ団子ちゃん>

春先に巡り会ったこの子たちが今年はボクの中では文句なしにオンリーワンなのである。ただ、残念なことに、その後裏山を歩けど歩けど……と言うほど頻繁に歩いているワケでもないのだが……エナガちゃんに出会わなかったのもまた事実なのである。この子たちの、すべてでないにせよ何羽かは無事にこの冬を乗り越えて翌春にまた新たな命を継いでくれることを願ってやまない。

クリックすると元のサイズで表示します
<桜センダイムシクイちゃん>

同じく奇跡的な……はいささか大袈裟ではあるが……邂逅系の一葉。よくよく考えてみると、コレは上掲エナガ団子ちゃんのわずか一週間後に撮ったものであり、今更力説するまでもなく、やはり鳥撮りは春だよな、というだけの話だ。

クリックすると元のサイズで表示します
<ちび助Jr.>

他の食客たちに比してやや遅ればせながら、我が家のアイドル(?)ちび助が6月末になって連れてきた雛。かわいいは正義。

クリックすると元のサイズで表示します
<光のどけき想思鳥>

やはり春先に想思鳥が群れている穴場を見つけて撮りまくった中から、狙ったワケでもなく偶然にいい具合の光が差した一葉。

クリックすると元のサイズで表示します
<もはや鳥の写真ではない>

何故か我が家のベランダに遺棄されていたスズメの卵の殻。もし来春も同じことが起こるようであれば、確信犯による犯行であろう。続報に期待せよ(?)。

スズメたちとのファンタジーな交流が日常を蝕んでいるせいか、日に日に何が正気で何が狂気なのかわからなくなりつつあるような気がそこはかとなくしないでもないのであるが、とまれ来年もつつがなく清く正しくバカバカしく暮らしていきたいものである。例によって、お付き合いくださった読者諸兄と、そして何はさておき最愛の妻に心からの感謝の念を捧げ本年を締めくくりたい。皆様、よいお年を。



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ