9M-XXD A330-343X on fsx

2011/3/7 | 投稿者: ghost

特に思い入れがあるワケでもないのだが、派手で難しそうなのに挑戦してみようと思い立ち、エアアジアXを塗ってみた。とりあえず、まずまずの仕上がり。

クリックすると元のサイズで表示します
<9M-XXD A330-343X on fsx>

塗っている最中に気付いたのだが、エアアジアXのスターボードサイド(進行方向右側)の頬のマレーシア国旗は鏡像反転している。つまり、通常向って左側に配置されるはずの三日月と星(イスラム教を象徴する)の図案が右側に転じ、三日月の向きも反転している。リペイントに際してもそれに倣ったのだが、国旗を鏡像反転させるというのは、受け取り手の感性にもよろうが、ときに侮蔑的なニュアンスすら含み兼ねないとすら思うのだが…なんでだろ?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<側面のロゴの配置は左右非対称になっている>

あと、コイツの塗装の特徴として、一般的にはデザインが入ることの少ないコックピット直上のおでこの部分にロゴがある、というのがあるのだが、これは、通常機体を左右に分割して管理されるフライトシミュレーターのテクスチャと極めて相性の悪いデコレーションである。苦し紛れに試みてはいるが、再現出来たとはいい難い。動画化に際しては、この部分が悪目立ちするであろうコックピット正面上からのアングルは避けたいところ。



2011/3/8  7:33

投稿者:ghost

っつーか、ボクは今の今までユニオンジャックは左右対称だと思い込んでました(汗

2011/3/7  19:55

投稿者:45-50s

> 国旗を鏡像反転
幸か不幸か日の丸だと問題にもならないですねww
マレーシアの国民性なんでしょうか。まあ個人的には自国の国旗が自国の会社にデザインでどう使われようとどうでもいいですが。

ユニオンジャックなんかは左右反転されても気づく人は少なそうですね。逆に気づく人は結構なナショナリストで、気づいた途端俄然抗議したりして。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ