Geistburg

自分用外部記憶箱

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ghost
強く同意。>新しいテクノロジーが要請されるのは、生き残りが真剣にもとめられる場所に限られる

遠目から見ると、パリ以外のフランスは、もう変化も延びしろもない無限ループに陥っているように見えて、実際それは必ずしも的外れでないと思うんだけれども、やはり行って見てミクロに観察すると、派手ではないけれども確実に新しい何かは継続して進んでるな、みたいな気がしたりもするワケです。

まぁ、これはたまたまボクにとっての観察対象がフランスなだけで他のどこでも、日本でも実はそうなのかも知れませんし実際そうなんだと思いますが、日常の中ではなかなか変化に気付けませんしね。そういう意味で、たまに非日常に自分をぽーんと放り込むことには意味があるのだ、と、まぁ、自分の浪費を正当化してみたりもするワケですよ。
投稿者:45-50s
> 未だに取り残された地域

確かに駅舎の写真からは日本の地方都市の拠点駅に通じる一昔前の意匠を感じますねw

ちなみにクレルモン=フェランは先日のTranslohr/GLTが導入されたフランスで最初の都市なのだそうです。
考えてみると日本でも、DMVだのフリーゲージトレインだのトレインオントレインだのと、新しい鉄道技術が取りざたされるのはもはや鉄道みたいな基盤インフラを残す余力さえ少なくなった地域が多い気がします。
もちろん全ての事例がそうとはいいませんが、傾向としては、レガシーな技術にいまさら新しいテクノロジーが要請されるのは、生き残りが真剣にもとめられる場所に限られるのかもなーとか思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ