2010/10/25

身内ノリ  佐藤豪(ソロ)

10月24日(日)
碑文谷APIA40

SE:ムタのテーマ
1.くたばれ!エイベックス
2.ハラカラ
3.前略
4.血はリングに咲く赤い花
5.まんが道
AC.お母さんいい加減あなたの顔は忘れてしまいました(遠藤ミチロウ)
AC.はなだ


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

何処まで書いていいやら悩みどころですが…

本編の内容は今年5月の高円寺ALONEを参照ください。
概ね同じ内容ですが、今回は紙芝居付。
MCも若干違いますね。
大体頭に入れて望んだけど、予め文章化して読み上げた方が良かったのかも知れない。
なんだか「ステージを最期まで観なさいよ馬鹿」ってツッコミがあったものだから。

まぁ、ライブの醍醐味といえばそれまでだけど。

身内ノリってのが大嫌いなんですけど身内ノリにも色々とパターンがありまして…
演者が自分で呼んだお客さんに友達のように(実際友達なんだろうが)話しかけたりその人達にしか通じないギャグを言ったり…良く見るパターン。
動員力ある人に多い。

今回のはお客さんが主導でヤイヤイとワルノリするパターン。
ハッキリ書いちゃうけど、俺のお客さんは一般の人が多くて今回も僅かながら居た。
その人達以外は…全員お店の出演者。

別に演者同士ライブに行ったり来たりする事にはとやかく言わない。
それも戦法の一つだろうし、俺も観に来てくれた演者さんとか観に行くし、来た来ない関係なく観たいなって思った人は観に行く。

そこだけ固まって他のお客さん無視して騒ぐのは、前者と同じこと。

もう最初っからアンコールだらけ。
お店に出てる人同士だから知り合いが沢山出演していても仕方の無いこと。
でも、本当に心を込めて敬意を表して素晴らしい演奏だと思ってアンコールをかけているの?
些か疑問が残りました。


自分はというと今回は12月の遠藤ミチロウの前座を見据えての前哨戦的意味合いを持っていて…
本編では一切触れなかったが、仮にアンコール出たらミチロウさんの曲をやってやろうと思っていた。
カバーでなくコピーを。
スターリンとかミチロウってのはカバーよりコピーが難しいと思っている。
個性があればあるほど逆になるんじゃないかと。
手前味噌ですけど俺の歌を歌おうと思った人が過去にいて「佐藤豪の曲は佐藤豪しか歌えないんだけど…敢て三角木馬(に乗るダルマ)カバーしてみたけどカバーでも難しい」と言っていた。

それはさておきアンコール。
その場の空気なんで出なかったらそっと収める予定だった。

そんでこのノリ。
正直あんまり嬉しくないアンコール。

でもやってみたかったからさ…やってみた。
アピア中心に活躍している遠藤ミチロウを追いかけて自ら歌うようになった俺が前座を前にオリジナル以外御法度のアピアで遠藤ミチロウのコピーを歌う。

この日でしか出来ない事。

オマケに「トリビュート出るみたいだけど何故俺を出さないんだー!」と嘯いてみた。
嘯いてみたら「次で良いじゃん」とか客席から聞こえる。
ガクっときた。
良いんだけどさ〜折角嘯いたんだからなぁ〜
「次?10年後でも言い訳?俺は50になるよ!」野次に乗った俺が悪かった。
「50で良いじゃん」
えー!
全員そう思ってるんだろうか?
50だと「佐藤豪のトリビュート出そう」と思われる存在になっていたいね、俺は。
良いじゃんなんて思ってるからウダツがあがらねぇんじゃないの?

どうやら一人が言ってるらしかったので一人相手にしてらんないから、面倒だから「10年後やってやるよー!」とか適当に収めて強引にやった。

アンコールの履き違え。
一部「佐藤豪のオリジナルが聴きたいんだ!」というアンコールだったようで。
でも…それなら俺の名前で店に入って欲しいな、と思う。
俺の名前で入ったお客さんも僅かながら居るのです。


思い通りにならないのがライブ。
そういう悔しさも残るが…
違うところでなんか、ほんと、悲しかった。


あの…店に充満する退廃した空気感…
知らない家庭にお邪魔して夕食を食べている感じ。
これがオープンな店なのか?

誰も恐ろしさに気付いていないのか?
気付いても止められないのか?


更にぶちまけよう。
別に遠藤ミチロウの前座なんて今更嬉しかないよ。
いや「ファン佐藤豪」は嬉しい。
でも「アーティスト佐藤豪」は別に嬉しいことは無い。
別にトリビュートも単純に楽しみだけど参加することに対して羨ましくはない。
俺は俺のスタイルを完成させたから(完全ではないよ?)

前座にあたっての俺の狙いはただひとつ…

ここまで書いて、書くの止めた。

勿体無いや。


書きながら考えた…
11月14日の高円寺ALONEのテーマはこの辺の事を語ろうかな…と思う。
あくまで予定。

2:0:0
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ