2013/3/2

春休み  佐藤豪(ソロ)

2月28日(木)
高円寺ALONE

SE:MASQUERADE(聖飢魔U)
1.寂しい日にはドラクエでも
2.その通りに
3.死ぬまで出世払い
4.暗闇の虎(朗読)
5.エルムの悪夢〜完結編〜
6.喜びと憤りの両面テープ
7.アリ地獄

アンコール:前略


画像なし。顔面には「辛抱するでござる」と書いた。これは「辛抱は我慢とは違う」という石倉三郎の言葉から。それと、あぶらだこの「忍耐」という曲でこの台詞が出る(ハットリくん?)のと合体。
SEで入場してそのまま曲をバックにライブ写真を紙芝居にして捲っていった。この曲で一瞬救われたので。
「寂しい日〜」は小文吾。のゲベスタのような曲を作ろうと思ったらこうなった。
前回のアピアのリハで「死ぬまで〜」とやり比べてカットしたんだけどその時はサワリだけ演奏して行けそうな気がしていたが今日のリハでやってみたら高かった。本番でも探り探り歌っていた。
「その通りに」はエレカシ、氏神一番などが出てくる曲で、なんだかクスクスと聞こえてきた。狙ったわけではないが笑ってくれたら幸い。
「死ぬまで〜」はアピアでもやった。ネガティブ全開。
「暗闇の虎」はヤケクソに一度アップしたけど削除した日記を元に。書いた事をあまり覚えてなくて恥ずかしいから消したが良いフレーズあったので急遽まとめて朗読。
「エルム〜」は通常とロングバージョンがあったが更に付け足した。7分越える結果となった。これには訳があるが観た人だけ。この日しかやらないと思う。
「喜び〜」もアピアでやった。「前略」的な感じで作ったが、果たしてこういうのを作って良い物か?悩むのであった。そんな迷いが出ていたら正解。
「アリ地獄」が一番新しい。ヤケクソに書いたが先週の「さま×さま」の大竹の話しから発展させた。ミンナと同じムーブで楽しめない人たちもいる。そしてライブに来なくなる。最大公約数を取らざるを得ないのだろうけど、なんだかなーという嘆き、ぼやき。曲は最後に持ってくるにふさわしい激しい感じにしようとココバットっぽくした。サビのメロはリハで声を出してみたら頭にあったのと違って歌えなくてまた探り探りになった。
アンコールがかかるとは思わなかった。
なんたってワンマンでさえアンコール無い時あるからね、佐藤豪のライブらしいでしょ?
恐らくオレの客ではなく共演者のお客さんから沸いたのではないか?と想像する。
元々、八王子から今日までのを「前略」メインになどと書いていたせいか頭にはあったがアンコールで前略とはね。練習してないからぎこちなかったね。
全体的に新曲だらけで余裕無かった。でもこの日しか出せないというライブの真骨頂は出せたような気がする。

動員:6 40:0
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ