2013/4/16

トライアングル・スコーピオン!Vol,4 終了  佐藤豪(ソロ)

4月13日(土)
中野HeavySickZERO
トライアングル・スコーピオン!/ Vol,4 スプリング・フレアーアップシリーズ

イベント全体の事はヤケクソ日記に書きました。
こちらはステージの解説のみ。今回は観た人だけが分かるような書き方をしました。御了承ください。一回書いて消えたのでアッサリ目の文章になるかも。

SE:呪い〜妖怪退治
1.あしたのジョー樋口
2.世の中には星野勘太郎が足りない
3.燃えろドラゴンボンバーズ
4.ハ・ラ・カ・ラ
5.人生!過酷!故に美しい!
6.血はリングに咲く赤い花
(6以外全て当日仕様のバックトラックあり)

本番までの経緯はこれまでの過去ブログを読んでください。
前回PAさんが少々面倒な人だったので細かく指示を出すとマズい感じだったのでCDを流しっぱなしという選択をしました。結局PAさん変わってましたがリハの時間から見ても流しっぱなしで正解でした。
鉄柱には有刺鉄線を張りました。
【入場〜あしたのジョー樋口】
久しぶりのベルト2本(歌謡プロレスヘビー級・G−MOST)で登場。アレと戦っていたらアノ人が乱入して戦い「あしたのジョー樋口」へ。コノ音源はyoutubeで探してアッサリ見つかり「こりゃ行けるな」と確信しました。ここまでギターなし。
【世の中には星野勘太郎が足りない】
墓石式脳天ドライバー用の楽曲ですが人気あるのでソロでもたまにやります。冒頭のドナドナも1度墓石で使用してます。他の曲は音源見つかったけどこの曲のアイディアの素材は無かったのでオリジナル音源を作りました。サンプリングマシーンの適当な素材をループしただけの簡単なものにアノ人の声を加えました。本当はMTRで作ったほうが良いのだろうけど結局はパソコンのサウンドエンジンという無料ソフトで編集。演奏の出だしを間違えてしまい、声がズレてましたがテンポはキープできたのでバレずに誤魔化して終了。
【燃えろドラゴンボンバーズ】
墓石の楽曲で冒頭のニンニク卵黄も同じく1度使用済み。最初から出ていたアイディアでもうひとつのあの人の有名なテーマ曲を使おうと思ったけどイメージが合わずにアノテーマに。ピッチだけは合わせようと練習ではスネアの音で合わせていたけど本番はぶっ飛んでたのでメチャクチャに。でもこの曲だけは「演奏」「テーマ曲」「紙芝居」が混沌と重なる感じにしたかったので問題は無かったかも。
【ハ・ラ・カ・ラ】
目玉の一つ。敬々さんがかつて「ハラカラとアノ曲は似ているよね」と指摘していたことを思い出し、音源探して聴いてみて「行ける」とテンション上がりました。似てると言っても使うコードが一緒なだけで組み立てはバラバラだしハラカラはカポなしEmで向こうは2カポでEm。コノ曲にメロディを合わせる事にしました。丁度、歌詞の尺が同じで驚きました。しかし1番のみ。ケツの「ジャンジャカジャーン」を繰り返し付け足して力道山の登場部分に充てる。スクワットをどうしようかと時間かけてアレコレ試してアノ曲にしました。これまた尺がほぼ同じ。アノ人が走ってる場面に使う音源ですからスクワットと合うのではないかと思って。そこから2番に移行しますがココだけ無音にしました。演奏しながら尺を測ったけど本番はやはり走るので無音が余ってしまいました。
【人生!過酷!故に美しい!】
これは墓石ナンバーっぽいですが元々はソロの曲。冒頭のCM音源は同様に1度使用。そこから当然アノテーマ。これもテーマのメロディの尺と微妙に合ってたのでテンポだけあわせましたが見事にズレてました。
【冬木〜橋本】
これだけ曲ではない演出。人生〜の後だから活きるもので、その後のアクションで意味が出来上がる。それほど痛くないですが痛かったですよ。冬木の音源に辿り着くまで時間がかかりました。実はその昔ハラカラの別アレンジとして「ハラカラ〜橋本・冬木編」というのを1度だけ八王子で披露しています。アレンジ内容は忘れちゃったけど評判良かったです。
【血はリングに咲く赤い花】
あのアクションから実はもうひと演出予定していたんですがヤケクソ日記に書いたとおり、小道具が紛失、諦めました。意味合いには支障なかったけど惜しかった。この曲ならではの演出。そして何故に最後の曲がコレなのか?この曲は森達也氏の同タイトルの本をモチーフに作ったのですが、森達也氏は「真夜中のハリー&レイス」にゲスト出演してます。
そう、入場でのパフォーマンス。全て繋がった訳です。


これだけの愛を注いだのに清野アナは観ないで帰ったという…
絶対に見返してやるからなー!


画像は色々なところから拾いました。ありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
動員7〜30  40:0
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ