2013/10/22

第7回小田原城ミュージックストリート  佐藤豪(ソロ)

10月20日(日)
第7回小田原城ミュージックストリート

1.80年1本勝負
2.豆腐は地球を救う
3.競艇なんて
4.ハ・ラ・カ・ラ

このイベントは合格の通知が出たらPR文とセットリストを送る。
会場などはそれからで、2ヶ月前のセットリストを考える事ほど苦痛なモノは無い。
テーマがあれば良いがこういうトコはノリだからね。新鮮さに欠けてくる。
最初に観ていてベタ褒めしていた初老男性が2回目も観に来ていて、知る限りでは2回観てるのはこの人しかいない。
この人に見せるつもりで1回目も2回目もリストを変えているので紙芝居系からは「魔太郎が来ない」をチョイスして、当初はポケットパークを想定して花火もやろうと思っていたので…
ガスバーナー⇒魔太郎が来ない⇒前略⇒まんが道
という流れに。
屋根つきの場所で幸い雨でも開催になったが、花火は出来そうに無いし、イベントスタートの雰囲気から「前略」は外したいな、と。その人物も来ないと予想して。
明るいのにしようと、同行した沼野君が好きな「豆腐〜」を入れて、競艇もやってみようと。それなら紙芝居の定番でハラカラで終えよう。そんな感じで決めた。
出番辺りで友達連れてきた高橋小一君に「この辺に競輪場があるんですよ、佐藤さん観に行ったんじゃないかと思って」という話をしていて、こりゃ「競艇〜」にして良かったかな?と確信。
ハラカラでは小文吾。さん含め皆でスクワットしてくれたお陰で学生にまでスクワットの波紋が広がり、妙な一体感が出ていた。
少ない観客でしたが、少ないなりに盛り上がってました。
参加費1000円になったし、もういいかなーと思ったけど、小田原市民は音楽を観る土壌が出来ていて、終わって握手なんか求められると「また来よう」と思ってしまいます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

動員:およそ20 惑わず:0
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ